今学期、会話試験の方式は…

日本語教師のお仕事

 今週からテスト期間開始! 月曜日の今日はまず1年生の会話の試験をしました。毎学期どのような方式で行うのかは考えていますが、今回採用したのはこれ!

 6枚の紙が入ってる箱から1枚引かせて、その内容を話題に会話します。いろいろ考えたのですが、テーマは「今学期一番○○だった事」にしました。楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい、苦しい、幸せの6つの感情です。どれが当たるかは分からない分、即興性が出て実に会話の試験らしいですよね。これが第一部です。
 第二部は「自由な話題」と題して、学生からなんでもいいので話したいことがある?と促し、フリートークをしました。ここではいつもの会話のように試験を忘れてつい長く話してしまうペアもいました。日頃からよく話す仲ですから、試験だという感じがしない気分も十分分かります。

 毎週決められた時間に会話をしてきたかいがありました。1年生の会話力は目覚ましい成長を見せています。1年前まったく話せなかった彼女たちがこんなにも変わってしまうとは驚きを隠せません。また、連日の会話のおかげで試験なんかしなくても皆の能力を常に把握することができたし、どんな人なのかもよく知ることができました。試験は形式的なもので、仮にやらなくても成績をつけることは可能だったでしょう。つまるところ、やれと言われたからやっただけです。

 1年生に対しては感謝です。今学期も会話ができて本当に楽しかったし、一緒に遊んだことはすごく嬉しかったです。授業も試験も終わって、今学期の交流は来週月曜日定期的に行っている会話を残すのみとなりました。来学期も会話を継続して、2年生になった彼女たちに粉骨砕身また頑張っていきたいです。今学期もお疲れさまでした!

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ