写真を見て受身文を作る

 最近1年生から聞こえてきた悲鳴。被动态、使役态、使役被动态という難しい部分を1週間で詰め込まれて困っているというものでした。重要な部分ですからじっくり復習してほしいということで、私の授業で確実に定着させるべく楽しめる教案を考えました。この授業、反応がとても良かったので紹介したいと思います。

 まずは動詞の受身形の作り方を説明して、例文から全体像を掴んでもらいます。
 「私は 彼を 殴ります」→「彼は 私に(から) 殴られます」
 「私は 彼に 数学を 教えます」→「彼は 私に(から) 数学を 教えられます」

 インターネットから拾ってきた50枚近くの写真をあらかじめ用意しておき、その後はプロジェクターを使って学生に写真を見せました。ルールは単純で、写真を見て好きな受身形を作ってもらいます。例えば「鳥が魚を捕食する画像」から「魚が鳥に食べられる。」などと言った具合。何枚かの写真で練習させて雰囲気を掴んだところで開始。一人ずつ当てて受身文を作ってもらいます。

 大体一人3回ずつ答えてもらいました。選んだ写真が面白かったおかげか、授業中ずっと飽きる事なく集中してくれてとても良かったと思います。また、写真によってはいくつかの言い方が存在するので、そこは随時補足しながらでも良いと思いますが、テンポよく写真を入れ替えて進行するのも飽きさせないためには重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。