日本経済初授業

2019年1月24日日本語教師のお仕事

 今日は初めての日本経済の授業でした。当然日本語で授業をするわけですが、専門用語がごろごろあるため中々困難だなあと感じる部分は多々ありました。それでも3年生の能力のおかげで何とかなりましたね!

 色々構成を考えた結果、教科書は日本の本ですから学生が買えないことを考慮して、重要な部分を印刷、配布する形式としました。まずは直近の日本のニュースを映像で見せて、今日本はどのような状況なのかを教えます。今日は偶然にも3月11日ということもあり、youtubeで拾ったニュースは東日本大震災関係が多く、当時の話に学生は興味を持ってくれていました。被災地の産業空洞化、人口減少等、軽い話から入って、難しくなり過ぎずにうまく運営できたかなと思います。

 第一回はまず日本の戦後70年の経済史をざっくり学びました。来週からは個別事案について深く切り込んでいきます。日本にばかり焦点を当てないで、たまに中国の状況についても聞いてあげるのが一つのポイント。どうすれば学生の意識をこっちに向けることができるのか、授業のコツ自体も次第に掴めて来ています! やはりどんな授業でも、学生に話させる工夫があると活気付いてきますからね。

 今学期、まず一週間が終わりました。来週からは私の新しい計画が次々始まる予定ですので、もっと忙しくなりそうです。6月末まで3か月半、体調に気を付けて頑張ります。

2019年1月24日日本語教師のお仕事