カードゲーム UNO

 これも授業内容とはほとんど関係ないのですが、学生と距離を縮めるための一環です。UNOは、少なくとも中国には全く浸透していないゲームでした。ルールはやや複雑ですが、実際に見せながら説明すると大丈夫です。

 人数は10人くらいまでは余裕です。これも真新しいからなのか、学生からは割と人気があります。ジェンガと同様、夢中になると日本語を話さなくなっちゃうのが困りものですが…… 一緒に遊んで日本人の存在に慣れてほしいというのが大きな目的ですから、私はあんまり気にしないことにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。