来学期のビジネスマナーは座学から脱した内容に

 先ほど主任から連絡があり、来学期は1年1組会話、1年2組会話、2年1組会話、2年2組会話、3年ビジネスマナーの5つを担当することになっています。例年に比べて授業が2つほど少ないようで比較的スカスカです。スケジュールを見ると見知らぬ先生の名前が一つ増えているので、来学期から一人中国人教師が増えるんだと思います。月曜日の授業で教室が近いので、もしかしたら会って挨拶するチャンスがあるかもと思うと楽しみですね。

 1年2年の会話はもう問題ないでしょう。2年はディベート中心にやるつもりで、1年は用意してあるプリントでいつも通りやるだけです。
 ビジネスマナーの授業は確か2度目だったと思いますが、一応教案は1年前に作ってあるので何とかなりそう。もうちょっと磨き上げて面白い教案になればいいと思いますが、内容が内容なので難しいのは否めません。1年前はビジネスマナーと言いながらビジネス日本語中心に教えていたので面白みに欠けました。もっといわゆる”作法“の方にシフトして、座学から離れるような工夫ができればいいんですけどね。そうすると15回分の新しい教案を作り直しということになり、冬休み中にそのあたり詰めないといけないということに。授業に安定感を与えるためにはこの長期休暇のうちに手を打っておかないと手遅れになっちゃいますからね。

 それはそうとビザのことですが、犯罪経歴証明を急いで公安に提出しなければいけないという状況に陥っています。手続きは着々と進んでいるのでまもなく中国に戻る予定です。何とか間に合いそうではありますが、万が一また公安から書類に不備があるなんて言われたときにはもういよいよヤバいことになります。所定の手続きは済ませたので大丈夫だとは思いますが…

 あとは無事飛行機が飛んでくれればいいです。





日本語教師のお仕事