【N4文法】~はずだ/ないはずだ

説明

接続

 名詞+のはずだ
 い形容詞普通形+はずだ
 な形容詞語幹+な/である+はずだ
 動詞普通形+はずだ
 

意味

 应该…
 理应…
 按说…该…
 怪不得…
 

解説

 状況や常識、経験等から推測した主観的な判断を述べる文法です。
 話者はその可能性が高いと思っていますが、話者自身も状況を完全に把握しているわけではないので推測が確かかどうかは分かりません。

 また、不可解な出来事に対して納得できる理由を見つけ、それ理解したときにも使えます。この用法では名詞に接続できません。例文(9)(10)
 

例文

 (1) 何度も説明してあげたし、ちゃんと理解できているはずだ。
 (2) 完璧な人なんていないはずだ。
 (3) 火のない所に煙は立たぬと言うし、きっと理由があるはずだ。
 (4) 小学校の頃にサッカーやっていたので、リフティングは今でもできるはずです。
 (5) 再会のシーンで涙を流したのは私だけではないはずだ。
 (6) このチームは実力者揃いだし、どんな相手でも負けることはないはずだ。
 (7) 良い写真が撮れたはずだ。あとでパソコンで見てみよう。
 (8) A駅からB駅までは20分で行けたはずだよ。
 (9) 今日は-5度か。それは寒いはずだ。
 (10) 子どもたちの成長を振り返るとあっという間だった。自分も年を取ったはずだ。

 

備考

「はず」シリーズ 意味
【N4文法】~はずだ/ないはずだ その可能性が高い(主観的)
【N3文法】~はずがない/ないはずがない その可能性はない(主観的)
【N3文法】~たはずだ 事実とは異なって後悔、不思議
【N2文法】~はずだった/はずではなかった 想定していたことが起きなくて残念

 





N4文法/N5文法, 日本語の文法