【N3文法】~に対して/に対する/に対しての

説明

接続

 名詞+に対して
 名詞+に対する/対しての+名詞

 動詞普通形+のに対して
 い形容詞普通形+のに対して
 な形容詞語幹+な/である+のに対して
 

意味

 ①对…/向…
 ②每…/比例是…/…比…
 ③与…相反/…而…
 

解説

 3つの意味があります。

 ①動作の対象
 名詞にのみ接続します。

 ②比例
 数量を表す名詞に接続して、比例を表します。

 ③対比
 名詞、動詞、イ形容詞、ナ形容詞に接続して、2つの物事の対比を表します。
 

例文

 (1) 皆さまのご支援に対し、深く感謝申し上げます。
 (2) 悪口に対しては無視するのが一番良い。
 (3) 彼は仕事や何に対しても言い訳ばかりだ。
 (4) 日本の性暴力に対する刑は軽いと思う。
 (5) 今回の区議会選挙では定数30人に対して、立候補者は60人もいた。
 (6) 水100ccに対して砂糖、塩それぞれ5g入れます。
 (7) 漢字の多くは、一つの漢字に対して複数の読み方がある。
 (8) お客様1人に対して、スタッフ3人で対応致します。
 (9) 兄は成績が良いのに対して、弟はそうでもない。
 (10) 2016年の調査によると、健康寿命は男性が72.14歳だったのに対して、女性は74.79際だった。
 (11) 日本海側はよく雪が降るのに対し、太平洋側の降雪量はそれほどでもない。
 (12) 駅の北側は商業施設が密集し人々が行き交うのに対し、南側は住宅街があり物静かな印象を受ける。

 

備考

 特になし

 





N3文法