【N2文法】~されるまま/されるがままに

説明

接続

 動詞受身形+(が)まま
 

意味

 任人摆布
 惟命是从
 任凭…
 

解説

 他人の意向や自然の成り行きに従って物事を行うことを表します。
 自分の意志は少しも含まれていません。
 多くは良くないことに用います。
 

例文

 (1) どう発音するか分からなくて、言われるがままに必死で先生の真似をした。
 (2) うちの猫は警戒心がなくて、いつもされるがままだ。
 (3) アプリに言われるがまま車を走らせてきたが、着いたのは知らない牧場だった。
 (4) 命令されるがままに動く会社の操り人形にはなりたくない。
 (5) 店員さんにおすすめされるままに注文した。
 (6) 相手に要求されるまま、深々と土下座をした。
 (7) 情報は提供されるままではダメで、同時にそれに惑わされないようにしなければいけない。
 (8) 彼にされるがままにされてみたい。

 

備考

「まま」シリーズ 意味
【N4文法】~まま/ままで/ままだ 元の状態を維持
【N4文法】~ままにする 放置
【N2文法】~まま/ままに 好き勝手にする(思うがまま)
【N2文法】~されるまま/されるがままに 他者の意向に従う
【N2文法】たまま/たままに/たままを 手を加えない状態で(感覚)

 





N2文法, 日本語の文法