【N4文法】~ままにする

説明

接続

 動た形+ままにする
 動ない形+まま(に)
 

意味

 搁置
 不管
 放任
 保持原状
 

解説

 ある状態を維持しておくことを表します。
 

例文

 (1) 窓は開けたままにしておいてください。
 (2) 分からないことを分からないままにしておきたくない。
 (3) 書類はそのままにしておいてください。
 (4) 財布にレシートを入れたままにしておくと運気が下がる。
 (5) 世の中には謎のままにしといたほうがいいこともある。
 (6) 洗濯物を干したままにしてしまった。
 (7) たくさんのアプリを開いたままにしているとスマホが重くなる。
 (8) 綺麗だって褒められたし、しばらくは金髪のままにしておくつもり。

 

備考

「まま」シリーズ 意味
【N4文法】~まま/ままで/ままだ 元の状態を維持
【N4文法】~ままにする 放置
【N2文法】~まま/ままに 好き勝手にする(思うがまま)
【N2文法】~されるまま/されるがままに 他者の意向に従う
【N2文法】たまま/たままに/たままを 手を加えない状態で(感覚)

 





N4文法/N5文法, 日本語の文法