【N1文法】~でも何でもない/くも何ともない

説明

接続

 名詞+でも何でもない
 な形容詞語幹+でも何でもない
 い形容詞語幹+くも何ともない
 

意味

 一点也不…
 根本不…
 什么都不…
 并不是…
 

解説

 強い否定を表し、良い事にも悪い事にも使えます。
 人や物事に対する評価によく用います。
 

例文

 (1) 誕生日でも何でもないのにプレゼントをもらった。
 (2) 好きでも何でもない人から告白された。
 (3) 今回の結果は不思議でも何でもないし、当然だと思う。
 (4) 最初は痛くも何ともないから大丈夫だと思っていたが、虫歯で痛みを感じる頃には随分症状が進行しているものらしい。
 (5) 特技でも何でもないですが、料理作るのは好きです。
 (6) 私は別に君の味方でも何でもない
 (7) ランチに1万かけるくらいじゃ私にとって贅沢でも何でもない
 (8) あんなやつは家族でも何でもない

 

備考

 特になし

 





N1文法, 日本語の文法