【N1文法】~たつもりはない/たつもりではない/たつもりはなかった

説明

接続

 動た形+つもりはない
 動た形+つもりはなかった
 

意味

 没想…
 

解説

 過去の行為によって引き起こされた相手の勘違いや誤解に対する説明・弁明を表します。
 

例文

 (1) そんなこと言ったつもりはありませんよ。
 (2) いじめたつもりはないと思っていても、相手がいじめられたと思っていればそれはいじめだ。
 (3) 面白い事を言ったつもりはないんですが、笑ってくれて嬉しいです。
 (4) 馬鹿にしたつもりはないのですが、そう聞こえたのなら素直に謝ります。
 (5) 付き合ったつもりはないのに、彼はそう勘違いしていたようだ。
 (6) 許可したつもりはないが、どうしてもというならやりたいようにやればいい。
 (7) あなたを許したつもりはありません
 (8) 怒ったつもりはないので、謝られても困ります。

 

備考

「つもり」シリーズ 意味
【N1文法】~たつもりはない/たつもりではない/たつもりはなかった 過去の行為についての説明・弁明
【N2文法】~つもりで その意志を持ちながら
【N3文法】~たつもりで みなし
【N2文法】~つもりだ 事実とは異なる状態
自分の認識
【N3文法】~(る)つもりではない そういう意志はない
【N4文法】~つもりだ/ないつもりだ/~つもりはない 意志、予定

 





N1文法, 日本語の文法