【N2文法】~どころか

説明

接続

 名詞+どころか
 な形容詞語幹+な/である+どころか
 い形容詞+どころか
 動辞形+どころか
 

意味

 哪里
 

解説

 話し手や聞き手が思い込んでいたこと、期待していたことが事実とは正反対であることを表します。
 

例文

 (1) 雨は弱まるどころか、ますます強くなってきた。
 (2) 貯金するどころか、急な出費で赤字続きだ。
 (3) 早退どころか残業だ。
 (4) 医者に診てもらったものの、良くなるどころか悪化してる。
 (5) 一生分どころか、来世分の運まで使い切ってしまったくらいだ。
 (6) もう3月だというのに、暖かくなるどころかまだ雪が残ったままだ。
 (7) このプランだと、メリットどころかデメリットの方が大きいと思われます。
 (8) 久しぶりに会った友人は、顔どころか性別まで変わっていた。

 

備考

「どころ」シリーズ 意味
【N2文法】~どころか 予想と事実が真逆
【N2文法】~どころか~ない そんな簡単なこともできなかった
【N2文法】~どころではない/どころの話ではない/どころの騒ぎではない そういう場合ではない
事態はそれ以上

 





N2文法, 日本語の文法