【N2文法】~ばかりか

説明

接続

 動詞普通形+ばかりか
 な形容詞語幹+な/である+ばかりか
 い形容詞普通形+ばかりか
 名詞+ばかりか
 

意味

 不但…
 不只是…
 不仅…而且…
 

解説

 前項で述べたものに加え、更にそれ以上のことを後項で述べる累加・添加の文法です。
 後項ではよく「も」などが呼応します。
 意味は「【N3文法】~ばかりでなく~も/~ばかりでなくて~も」と同じですが、「~ばかりか」のほうが硬い表現です。
 

例文

 (1) 助けてと言っても助けてくれないばかりか、笑ってこっちを見る始末だ。
 (2) これ以上効率を追い求めるのは従業員の命を危険にさらすばかりか、信用をも失いかねない。
 (3) 栄養のバランスに注意しなければ肉体ばかりか精神にまでも支障をきたしかねない。
 (4) 命令を質問の形に変えると、 気持ちよく受け入れられるばかりか、 相手に創造性を発揮させることもある。
 (5) 状況は変わってないばかりか、もっと酷くなっている。
 (6) 世界情勢は1か月後ばかりか、明日のこともどうなってるかは誰にも分からない。
 (7) 彼は文句言うばかりか、人にも文句を言わせようとしてくる。
 (8) 神なんて人間に何の影響も与えない祈っても無駄な存在だ。そればかりかそもそも存在すらしない。

 

備考

「ばかり」シリーズ 意味
【N1文法】~んばかりに/んばかりの/んばかりだ 程度
【N1文法】~とばかりに 発話文
【N2文法】~ばかりに 悪い原因
【N2文法】~たいばかりに/~が欲しいばかりに 原因(目的を達成するため)
【N2文法】~てばかりはいられない/てばかりもいられない 現状への不安・焦り
【N2文法】~ばかりか 累加・添加
【N3文法】~ばかりでなくて/ばかりじゃなくて 累加・添加
【N3文法】~ばかりだ 悪い方向への変化/準備完了
【N3文法】~とばかり思っていた 自分の誤解に気付く
【N4文法】~たばかりだ 動作の直後
【N4文法】~ばかり 限定/数量
【N4文法】~ばかりで その他が無い
【N4文法】~てばかり/てばかりいる 動作の繰り返し
【N0文法】~ばかりは 強調
【N0文法】~ばかりの 比喩

 





N2文法, 日本語の文法