~を控えて/~を前にして

~を控え(て)


 「名詞+を控え(て)」が一般的な接続だが、「名詞+を+時間+控え(て)」という文型もある。
 

~を前にし(て)/~を目前にし(て)


 時間が超接近しており、まもなく何かが発生する緊迫感を表現できる。

区別

 「~を控えて」は時間的な余裕があり、明日かもしれないし、来週かも、1か月後かもしれない。
 「~を前にして/~を目前にして」は余裕がなく、まもなく始まる感じがする。

 ①「会議での発表を控えて、手足が震えてきた。」
 ②「会議での発表を前にして、手足が震えてきた。」
 緊張して手足が震えたことを強調したいのであれば、会議までの時間が接近している②を使うべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。