~べからず/~べからざる/~としてあるまじき/~にあるまじき

日本語の文法

~べからず

 意味は「~してはいけない」
 全ての人に対して禁止を呼びかける時、看板などでよく使われる。
 詳しくは「~べからず」を参照してください。

 

~べからざる

 意味は「~できない」「~してはいけない」
 表現は「許すべからざる」「欠くべからざる」の2つしかない。
 詳しくは「~べからざる」を参照してください。

 

~としてあるまじき/にあるまじき

 職業や立場に接続し、「~してはいけない、~すべきではない」と批判するニュアンスを含む。
 詳しくは「~としてあるまじき/にあるまじき」を参照してください。

 

日本語の文法