【N3文法】~回る(まわる)

説明

接続

 動ます形+回る
 

意味

 在…范围内
 到处…
 

解説

 走る、飛ぶ、歩く、逃げるなどの移動動詞に接続する場合は、その動作が一定の範囲内で何度も繰り返し、長い時間行われることを表します。
 遊ぶ、暴れるなどの一部の動作を表す動詞に接続する場合は、その動作が様々な場所で行われることを表します。
 

例文

 (1) うちの子はお風呂あがりに裸で走り回る
 (2) 土日ずっと歩き回ってくたくただ。
 (3) 世界中を飛び回るような仕事がしたい。
 (4) 庭を動き回っている犬たちを見て、私も一緒に遊びたくなった。
 (5) 責任から逃げ回わらずにいい加減答えてください。
 (6) 子供が夜中まで遊び回るのは危ない。
 (7) 寒い中、楽しく駆け回る子供達の姿を見て元気をもらった。
 (8) 自分の部屋で大音量の音楽を流し、裸で踊り回るのは良いストレス解消になる。

 

備考

 特になし

 





N3文法, 日本語の文法