~であれ/~であれ~であれ/~たところで

~であれ/~であれ~であれ


 「~であれ」「~であろうと」「~だろうが」「~であろうが」など種類は多く、単一で使うこともできるが、「~であれ~であれ」と連続して使うこともできる。
 AとBは類似するもの・ことが来る。2つ目の要素は無くても良い。
 「何」は具体的なもの・ことの代わりとして使えるが、1つ目の要素には使うことができない。

~たところで


 意味は「~しても(意味がない/無駄だ)」
 悪いことにしか使わない。

区別

 接続が大きく違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。