~たるもの/~ともあろうものが/~としたことが

2018年12月11日JLPT N1文法講座

~たるもの

 「たるもの」の前には何らかの職業や立場の名前が接続される。「~するべき、~しなければならない、~してはいけない」などと呼応する。職業や立場に対してこうするべきだと釘を刺す。未発生。
 詳しくは「~たるもの」を参照してください。

 

~ともあろうものが

 「ともあろうものが」の前には何らかの職業や立場の名前が接続される。
 既に発生したことにのみ使える。「とは・なんて」と呼応し、その後ろにはどう思ったかなどの感情が来るが、この部分はよく省略される。
 詳しくは「~ともあろうものが」を参照してください。

 

~としたことが

 既に発生した意外性のある失敗や悪い事に対して、どう思ったかなどの感情を述べる。「とは・なんて」と呼応し、その後ろの感情は省略可能。
 「私としたことが」は特別な言い方。
 詳しくは「~としたことが」を参照してください。

 

それぞれの違い

 「たるもの」は未発生で、「するべき」などと呼応する。
 「ともあろうものが」は既に発生しており、「とは・なんて」と呼応する。
 「としたことが」も既に発生しているが、発生した事象は意外性がある悪い事に限られ、「とは・なんて」と呼応する。

JLPT N1文法講座

Posted by そうじ