2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 集団語

 集団語とは、ある特定の集団の中で用いられる言葉のこと。スラング、隠語、職業語、術語、業界用語、専門用語、廓言葉、女房詞、てよだわ言葉、キャンパス言葉などを含む。

 1 「チャレンジする」は「挑む」の外来語です。
 2 芸人さんなどがよく使う集団語です。
 3 「衣紋掛け」はハンガーの和語です。
 4 「ご不浄」はトイレの婉曲表現です。

 したがって答えは2です。

 

問2 若者言葉

 1 正しいです。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 「T」を「テー」と発音する傾向があるのは若者ではなく、年配の方に多いです。(老人語)

 したがって答えは4です。

 

問3 ネオ方言

 ネオ方言とは、標準語と方言の混淆形式として生まれた中間的な言い方のこと。方言の「けーへん」、標準語の「こない」が混淆して「こーへん」となるのが代表的な例。

 選択肢3の「共通語と地域方言が混ざり合って」の部分がネオ方言にあたります。
 したがって答えは3です。

 

問4 言葉の男女差と年齢層

 1 正しいです。「降るわよ」は20代女性よりも、50代女性のほうが使用します。
 2 「降るわよ」を使うのは男性ではありません。
 3 「雨だぜ」を使うのは女性ではありません。
 4 「雨だぜ」は50代男性よりも、20代男性のほうが使用します。

 したがって答えは1です。

 

問5 役割語

 役割語とは、特定の人物像を想起させる言葉のこと。例えば、「わし」という言葉には老人のイメージが含まれることが例として挙げられる。ただし「~なんじゃ」や「~わよ」のように、そのほとんどは実際の言語活動にはほとんど見られない表現が見られる。これらは一般的にドラマ、映画、小説などのフィクションにおいて、聞き手に登場人物のイメージを膨らませるために用いられる。社会方言の一種。

 1 主人公のみならず、登場人物であればそのイメージにあった役割語が用いられます。
 2 逆です。人々が抱くその人物に対するイメージを強める働きがあります。
 3 正しいです。実際の人物が用いる表現と役割語は必ずしも一致するとは限りません。
 4 逆です。現実に存在しない架空の人物のセリフにこそ役割語は用いられやすいです。

 したがって答えは3です。

 





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説