「~には当たらない」と「~には及ばない」と「~までもない」の違い

2019年3月30日日本語の違い

~には当たらない(あたらない)

 相手の過剰な反応に対して「そこまで~する必要はない」と進言したり、諭すようなときに用いる文型です。
 詳しくは「~には当たらない(あたらない)」を参照してください。

 

~には及ばない(およばない)

 相手の気持ちや提案などに対して、「わざわざ~する必要ない」という婉曲的な拒否を表します。
 詳しくは「~には及ばない(およばない)」を参照してください。

 

~までもない/までもなく

 程度や重要度が低いため、「わざわざ~する必要がない」ということを表します。
 詳しくは「~までもない/までもなく」を参照してください。

 

2019年3月30日日本語の違い