2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

 (11)は「述語が表す出来事とニ格の関係」の問題です。

 問題に従って、ニ格と述語に着目してみます。

二格 述語
週末に 行った
週末に ドライブをした
週末に 残業した
週末に 買ってきた
週末に 予約した

 選択肢1~4の述語が表す動作は全て「週末」に行われており、過去のことを述べています。つまり、動作を行った時間をニ格で表しています
 一方、選択肢5は、「予約する」という動作が行われたのは「週末」なのではなく、「週末」はレストランに行く時間を表しています。

 したがって答えは5です。





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説