2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)解説

 (9)は「指定文と措定文」の問題です。

 指定文とは、「AはB」のとき、「BはA」が成り立つ文のこと。例えば、「私の傘はそれです。」を「それは私の傘です。」と言い換えることができるような文のこと。

 措定文とは、「AはB」のとき、「BはA」が成り立たない文のこと。例えば、「猫は可愛い動物です。」を「可愛い動物は猫です。」と言い換えることができない文のこと。

 1 ✕男の人は私の先生だ。(措定文)
 2 ✕医者は山田さんだ。(措定文)
 3 ✕冷淡はあの人だ。(措定文)
 4 ✕有能は議長だ。(措定文)
 5 ◯あの人は院長だ。(指定文)

 選択肢5だけが指定文です。
 したがって答えは5です。





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説