2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(7)解説

 (7)は「デ格の意味」の問題です。

 デ格の用法は8つあります。

動作の場所 あそこで遊ぼう
範囲 日本で一番大きい山
手段・方法 電車で帰る/小声で話す
材料 木でできている家/ダイヤモンドで作られている
理由・原因 雨で延期になった/洪水で家が流された
状態 裸で歩く
数量 一人で行く
事柄の成立に
必要な物の量
あと1時間で終わる

 1 理由・原因
 2 手段・方法
 3 手段・方法
 4 手段・方法
 5 手段・方法

 したがって答えは1です。

 参考:格助詞の用法一覧





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説