2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)解説

 (6)は「転成名詞の意味」の問題です。

 「転成名詞」は平成23年度以降一度も出題されたことがなかった用語で今回が初めてです。造語法の一つに、既存の語の品詞を変えて新しい語を作る「転成」という方法があります。この方法によって別の品詞から名詞になった語を転成名詞と呼びます。これには、暮らし、物語、話、流れ、遠く、苦み等があります。転成名詞の作り方は以下の3つに分けられます。

動詞の連用形が名詞になったもの 流れる→流れ、話す→話、蹴る→蹴り…
形容詞の連用形が名詞になったもの 近い→近く、遠い→遠く…
イ形やナ形語幹に「さ/み/け/げ」
などの接尾辞がついて名詞になったもの
痛さ、親切さ、辛み、寒け、楽しげ…
転成前 転成名詞 転成名詞の意味
かばんを持つ かばん持ち かばんを持つ人
所帯を持つ 所帯持ち 所帯を持つ人
金を持つ 金持ち 金を持つ人
心を持つ 心持ち 心の持ち方
力を持つ 力持ち 力を持つ人

 選択肢1、2、3、5は転成名詞とその意味の間に統語的な関係があってお互い近い意味を持っていますが、選択肢4はそうではありません。「心持ち」は「心の持ち方」という意味で、他と毛色が違います。

 したがって答えは4です。

 





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説