~ては敵わない/~ては遣り切れない

~ては敵わない


 「敵わない」は、もともと「対等の力が無い」「対抗する力がない」といった意味を持ち、その意味合いを受け継いだ結果、「我慢できない」という意味に変化している。

~ては遣り切れない


 「遣り切れない」は、もともと「最後までやることができない」という意味を持つが、この意味とは全く異なった文法。

区別

 接続も意味もほぼ同じ。あらゆる例文で言い換えても違和感もなく、違いを明確にすることは困難だと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。