~なり/~そばから

~なり


 「なり」の前後に来る主語は必ず同じでなければならない。さらに、主語に一人称を使うことはできない。「なり」の後ろは大体良くないことが来て、過去のことのみに使える。

~そばから


 「そばから」の後ろは悪いことで、過去に連続的に発生している動作が来る。現在・過去・未来、全て使える。
 ※訂正 未来に対しては使えませんでした! ごめんなさい。

区別

 区別のポイントは、過去に連続発生しているかどうか。
 「教わるなり忘れた」の忘れた回数は今回1回だけだが、「教わるそばから忘れた」には過去に何度も忘れたことがあるニュアンスがある。

“~なり/~そばから” への3件の返信

    1. やくも

      すみません、質問です。「~そばから」は未来にでも使えると上に書いてありますが、http://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/17261/meaning/m0u/%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%82%89/ 
      このサイドによると、「現実に起こった動作を表現する場合にしか使えない。」のようです、どうしてですか。ご返答よろしくお願いします。

      返信
  1. そうじ 投稿作成者

    >やくもさん
    私もう一度調べてみたんですが、確かに未来で「~そばから」を使うと違和感があります。私の間違い、混乱させて本当にすいませんでした。ちなみに過去と現在には問題なく使えます。
    間違いのご指摘ありがとうございました!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。