2019年度の1年生がやってきた。

 先週の日曜日のことですが、新しい1年生が学校にやって来ました。金、土、日の3日間で寮に入るよう指示されていたようです。1年生だけでも1万5000人くらいは居るものと思われるので、大学周辺は渋滞でひどかったですね。1年生だけでそれくらいですが、大学へは普通親子で来るので、単純計算で人はその3倍くらいでしょう。

 一年生はまず正門の受付で手続きをします。例えば、英語や日本語が専門になる学生はまず外国語学院の受付へ。何の手続きをするかは分かりませんが、受付を済ました新一年生はパンフレットのようなものを持っており、そこには大学構内や周辺の地図が書かれているようでした。
 受付を済ませたら、2年生が荷物を運んで寮へ案内してあげます。この役割は男子学生及び生徒会が行い、もちろんボランティアです。

 今1年生は軍事訓練中ですが、おそらく来週から授業が始まるのではないかと思います。
 新しい1年生に会うのはいつも楽しみですね。





日本語教師のお仕事