【N1文法】~なら別だ/なら話は別だ/となると別だ/となると話は別だ

説明

接続

 名詞+なら別だ/なら話は別だ/となると別だ/となると話は別だ
 い形容詞普通形+なら別だ/なら話は別だ/となると別だ/となると話は別だ
 な形容詞語幹+なら別だ/なら話は別だ/となると別だ/となると話は別だ
 動詞普通形+なら別だ/なら話は別だ/となると別だ/となると話は別だ
 

意味

 如果是…的话则另当别论
 如果是…的话则另当别论,但是…
 

解説

 その条件下では例外であることを表します。
 この文法を用いる場合はおよそ以下のような文型になり、普通は順当である内容(A)と例外である内容(B)が対比して述べられます。

【 A 】しかし、【 B 】なら話は別だ。
【 A 】、【 B 】なら話は別だが。
【 B 】なら話は別だが、【 A 】だ。

 

例文

 (1) 女性に言い寄られるのは困る。二次元なら別だが。
     (被女性求爱,很麻烦。二次元的话另当别论。)
 (2) いるだけなら一向に構わないが、邪魔しようものなら話は別だ
     (光是在的话完全没关系,要是妨碍的话那就另当别论了。)
 (3) 面倒臭いから行きたくないが、お金を出してくれるなら話は別だ
     (太麻烦了,不想去,但给钱的话那就另当别论了。)
 (4) 許可をもらっているなら話は別だが、もらっていなかったら不法侵入だ。
     (得到许可的话另当别论,如果没有得到就非法入侵。)
 (5) 噂として囁かれているだけなら信じるわけにはいかないが、公式が発表したとなると話は別だ
     (如果只是作为传言被低声私语是不能相信的,但是如果是正式发表的话那就另当别论了。)
 (6) 嘘をつくことは許されない。しかし、それが”相手のための嘘”なら話は別だと思う。
     (不允许撒谎。但是,如果是“为了对方而撒谎”的话那就另当别论了。)
 (7) あんまりやりたくない仕事だが、給料が高いとなると話は別だ
     (虽然不是很想做的工作,但工资太高就另当别论了。)
 (8) おごってくれるというなら話は別だ。私も行く。
     (如果是请客的话就另当别论了。我也去。)

 

備考

 特になし





N1文法, 日本語の文法