平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題3解説

 調音点や調音法については母音と子音の分類とIPA表記を参考にしてください。
 

1番

 「にゅ」が「りゅ」になる誤りです。
 「り」の有声歯茎弾き音[ɾ]は、舌が歯茎に触れ、鼻腔への通路が閉じている状態で発音されます。
 したがって答えはdです。

 

2番

 「つ」が「ちゅ」になる誤りです。
 「ち」の無声歯茎硬口蓋破擦音[tɕ]は、舌が歯茎硬口蓋に触れ、前舌が全体的に高めになって発音されます。
 したがって答えはdです。

 

3番

 「ゆ」が「ず」になる誤りです。
 「ず」の有声歯茎破擦音(語頭)[dz]は、下が歯茎に接近して発音されます。選択肢cは歯茎硬口蓋に接近しているので誤りです。
 したがって答えはaです。

 

4番

 「か」が「が」になる誤りです。
 「か」は無声軟口蓋破裂音[k]、「が」は有声軟口蓋破裂音[g]なので、不要な声帯振動が伴っています。
 したがって答えはcです。

 

5番

 「だ」が「な」になる誤りです。
 「だ」は有声歯茎破裂音[d]、「な」は有声歯茎鼻音[n]なので、調音法が異なります。
 したがって答えはbです。

  

6番

 「わ」が「おぁ」になる誤りです。
 「わ」の母音「あ」は非円唇低母音(広母音)、「お」は円唇後舌半狭母音[o]なので、舌の高さと舌の前後位置も多少違いますが、最も違うのは唇の丸めの有無です。
 したがって答えはcです。

 

7番

 「は」が「あ」になる誤りです。
 子音[h]が脱落しています。
 したがって答えはbです。

 

8番

 「れ」が震え音になる誤りです。
 日本語の「れ」は有声歯茎弾き音[ɾ]で発音されますが、この学習者はいわゆる江戸っ子口調の有声歯茎震え音[r]で発音しています。調音法が異なります。
 したがって答えはbです。

 





平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説