平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題6解説

1番

 「興味」は名詞ですが、この学習者は名詞(サ変動詞)だと思っているために「興味しました」のような誤用をしています。動詞と名詞の混同が見られます。
 したがって答えはbです。

 

2番

 「五月雨」を「ごがつあめ」と読んでいます。正しくは「さみだれ」です。熟字訓の読み方の誤りです。
 したがって答えはdです。

 

3番

 「教えてくれない」が「教えてくれてない」になる誤用で、不要な「て」が挿入されています。この「て」は動作の持続を表す「~ている」なので、アスペクトに関係する誤りです。
 したがって答えはbです。

 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - アスペクト/相 (aspect)

 

4番

 「遠くて狭い」というべきです。並列助詞「や」と接続助詞「~くて」の混同が見られます。
 したがって答えはcです。

 

5番

 「私は足を踏まれて」が「私の足は踏まれて」になる誤用です。ここでは間接受身文の持ち主の受身を使うべきです。
 したがって答えはcです。

 

6番

 「遅くなりましたが」が「遅くなったが」になる誤りです。文末は「お送りします」なので、文全体でスピーチスタイルを一致させなければいけません。
 したがって答えはbです。

 

7番

 「この道を真っ直ぐいくと」が「この道を真っ直ぐいって」になる誤用です。この文の従属節は条件節です。「真っ直ぐ行く」ことが条件となり、図書館につくことができます。
 したがって答えはaです。

 

8番

 「盛んです」が「盛んでいます」になる誤用です。「盛ん」はナ形容詞ですが、この学習者は動詞として活用しています。ナ形容詞と動詞の混同が見られます。
 したがって答えはaです。

 







平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説