平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題9解説

問1 フォーカス・オン・フォーム

 教授法は、大きく3つの言語習得観で分けられます。

 フォーカス・オン・フォームズ(FonFs:Focus on Forms)
 オーディオリンガル・メソッドや文法訳読法などに代表されるFonFsは、文法に焦点を当てた教授法のことです。教室において、教師が中心となり、文法規則等を最初から手取り足取り正確に教え込んでいきます。機械的なドリル練習などを多用しますが、文法的な正確さを重視しているため、かえって流暢さが身につかないとされています。

 フォーカス・オン・ミーニング(FonM:Focus on Meaning)
 ナチュラル・アプローチやイマージョン教育などに代表されるFonMは、意味に焦点を当てた教授法のことです。学習者が中心となって多く聴き、多く読むのが特徴です。この際、教師による介入が完全に行われません。意味を重視することによってコミュニカティブに言語習得できますが、これは流暢さを身につけることはできても、文法的な正確さが身につかないとされています。

 フォーカス・オン・フォーム(FonF:Focus on Form)
 FonFは、FonFsの流暢さが身につけられない欠点と、FonMの文法的な正確さが身につけられない欠点を互いに補うために考案された教授法です。コミュニケーションの中で文法的な知識を学習していこうという考え方に基づき、教室においてはFonMと同様に学習者が中心となりますが、必要があれば教師は介入します。何らかのトピックやテーマを用いることで、文法そのものに焦点を置かずに意味中心としていますが、教師によるプロンプトやリキャストでフィードバックを行うことにより、その中で学習者の注意が文法形式に向くような工夫があります。FonFsのように文法説明を始めたり、機械的なドリル練習をすることはなく、最終的には学習者の気付きによって文法知識の習得を促します

 1 内容語に焦点を当てていますが、必要があれば言語形式にも焦点が当てられます。
 2 FonFでは概念・機能シラバスに基づいて行われることが多いです。概念・機能シラバスとは、時、量、位置などの概念を学習の柱としたシラバスです。シラバスに時間を組み込んだ場合は、「いつも」「ときどき」「まれに」「すぐに」などの表現を学びます。
 3 基本はリキャストやプロンプトでフィードバックが行われますが、それでも訂正されなければ明示的にフィードバックを行うこともあります。
 4 正しいです。

 したがって答えは4です。

 

問2 モダリティ表現

 モダリティ/ムード/法 (mood)とは述語の後ろに形態素を付加することによって命題に対する認識や判断や聞き手に対する態度を表す文法カテゴリーの一つ。ここでの命題とはその文における客観的な内容の部分のことであり、命題に対する認識や判断を表すものの対事的モダリティと、聞き手に対する表現の対人的モダリティに分けられる。対人的モダリティは主に終助詞のことを指す。

 1 「ように」は目的・目標を表し、命題に含まれます。
 2 話者の主観的な断定を表すモダリティ表現です。
 3 軽い打撲だけで済んだことを「幸い」とする話者の気持ちが含まれていますのでモダリティ表現です。
 4 対人的モダリティです。

 したがって答えは1です。

 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - モダリティ/ムード/法 (mood)

 

問3 プロンプト

 明示的フィードバック/明示的訂正とは、学習者に誤用の存在を直接はっきりと示して訂正する方法のこと。
 暗示的フィードバック/暗示的訂正とは、学習者に誤用の存在を間接的に示して訂正する方法のこと。リキャストとプロンプトの2つに分けられる。

 リキャスト (recast)とは、自然な応答の中でさりげなく訂正する暗示的フィードバックの一種。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「そうですか。美しかったですか」と、会話の流れを遮ることなく訂正することなどが挙げられる。

 プロンプト (prompt)とは、学習者に自己修正を促す暗示的フィードバックの一種。学習者に自己修正を促す暗示的フィードバックの一種。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「美しいでした?」と間違いがあることに気付かせ、学習者が正しい発話をするよう促すことなどが挙げられる。

 1 リキャスト
 2 リキャスト
 3 プロンプト
 4 明示的フィードバック

 したがって答えは3です。

 

問4 テスト

 ここで述べられる文法能力や方略的能力、談話能力とは、伝達能力(コミュニカティブ・コンピテンス)のことです。

 コミュニケーション能力に関して、ハイムズは、コミュニケーションには正しい言語形式を使用するだけではなく、場面や状況に応じた使い方をすることが必要だと提唱しました。これを伝達能力(コミュニカティブ・コンピテンス)と言います。
 また、カナルは、伝達能力は文法能力、社会言語能力、方略能力、談話能力から成り立っていると主張しました。

談話能力 言語を理解し、構成する能力。会話の始め方、その順序、終わり方などのこと。
方略能力
(ストラテジー能力)
コミュニケーションを円滑に行うための能力。相手の言ったことが分からなかったとき、自分の言ったことがうまく伝わらなかったときの対応の仕方のことで、ジェスチャー、言い換えなどがあてはまる。
社会言語能力
(社会言語学的能力)
場面や状況に応じて適切な表現を使用できる能力。
文法能力 語、文法、音声、表記などを正確に使用できる能力。

 1 文法性判断テストは、文法能力を測るものです。方略能力は測れません。
 2 ロールプレイは、文法能力も方略能力も図れます。
 3 談話完成テストは、談話能力も文法能力も図れます。
 4 インタビューは、談話能力も方略能力も図れます。

 したがって答えは2です。

 

問5 t検定

 1 相関分析
 2変数間の関係を数値で記述する分析方法。

 2 t検定
 幾つかのグループの「平均の差」が偶然的な誤差の範囲にあるものかどうかを判断するときに用いる分析方法。

 3 カイ二乗検定
 二つの変数に関連性があるのかどうかを判断するための分析方法で、独立性の検定とも呼ばれる。

 4 因子分析
 ある観測された変数が、どのような潜在的な変数から影響を受けているかを探る分析手法。

 したがって答えは2です。

 

問6 Y先生のアドバイス

 X先生は協力してくれる学生を募り、授業外に1時間程度の指導を行うつもりです。その指導の前後にテストをして、どのくらい伸びたかを比較しようとしています。

 1 授業外に1時間の授業をするので、協力してくれる学生だけ対象にすべきです。
 2 この指導は長期的に行うものではありません。
 3 伸びた部分が指導の効果であるかどうかをより明確にするために、指導を行わないグループと行うグループに分けたほうがいいです。
 4 どのくらい伸びたかを比較したいので、持続効果まで調べる必要はありません。

 したがって答えは3です。

 







平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説