平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題16解説

問1 ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)

 ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)とは、どの言語にも当てはまる言語能力の測定基準を示したもので、ヨーロッパでの外国語教育で用いられています。CEFRの背景には、複言語主義・複言語主義の考え方があります。

 CEFRは特定の言語を普及させるために開発された枠組みではありません。
 したがって答えは4です。

 

問2 複言語・複文化主義と多言語・多文化主義

 多言語・多文化主義とは、社会の中で、複数の言語が使われることを認めようとする考え方のこと。

 複言語主義・複言語主義とは、個人がその生活状況によって複数の言語を使い分けることを認めるという考え方のこと。従来の言語学習の目標は母語レベルにまで達することだが、個人にとって必要に応じたレベルに達すればいいとされている。

 したがって答えは1です。

 

問3 JF日本語教育スタンダードの「言語活動」

 「言語活動」のカテゴリーは「受容」「産出」「やりとり」の3つです。
 したがって答えは1です。

 参考:JFスタンダードとは | JF日本語教育スタンダード

  

問4 JF日本語教育スタンダード

JF日本語教育スタンダード(JFスタンダード)はコースデザイン、授業設計、評価を考えるための枠組みです。
課題遂行能力(言語を使って課題を達成する能力)と、異文化理解能力(お互いの文化を理解し尊重する能力)を育成する実践をサポートし、日本語を通じた相互理解を目指します。
 - JFスタンダードとは | JF日本語教育スタンダードより

 したがって答えは2です。

 

問5 熟達度のレベル

 「Can-doの6レベル」
言語熟達度は大きく3段階に分かれます。
 
A:基礎段階の言語使用者(Basic User)
B:自立した言語使用者(Independent User)
C:熟達した言語使用者(Proficient User)

 
A、B、C各段階は2段階に分かれ、全部で6レベル(A1、A2、B1、B2、C1、C2)となります。下の図は、「講演やプレゼンテーションをする」の言語活動のCan-do例です。レベルが上がるにつれて、どのような講演やプレゼンテーションができるようになるかがわかります。
 - Can-doとは | みんなのCan-doサイトより引用

 したがって答えは3です。

 





平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説