平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 共通語化が進む場面

 1 町内会での会話は方言を使います。
 2 幼馴染と話すときは方言を使います。
 3 就活の面接では共通語を使います。
 4 友達を話すときは方言を使います。

 したがって答えは3です。

 

問2 方言と共通語の使い分け

 方言は特に音声とアクセントが難しいです。語彙と文法は共通語と似通った部分もあり、容易に使い分けることができます。
 したがって答えは1です。

 

問3 方言に対するイメージ

 1 以前は方言に田舎のイメージがありました。
 2 方言にポジティブな感覚はありません。
 3 正しいです。田舎的なイメージから、このようなイメージに移り変わってきています。
 4 方言に都会的なイメージはありません。

 したがって答えは3です。

 

問4 農村地域の定住者に対する日本語教育と方言

 1 地域の人とコミュニケーションをとる必要はありますが、農村地域といっても共通語は理解できますので、定住者が方言を使う必要は必ずしもありません。
 2 正しいです。
 3 日本人が生まれ育った場所から離れ、その地域の方言を聞いたときに、それが方言だと認識できないことはありません。外国人といえど、日本語の共通語と著しく異なる様子から方言ではないかと推測できます。
 4 定住者にとって方言は難しいからこそ、無理に教える必要もありません。選択肢1でも述べたように、共通語でも十分通じます。

 したがって答えは2です。

 

問5 「方言」と「全国共通語」の特徴

 1 正しいです。
 2 地域社会の若い世代が話す日本語は、その地域の方言と共通語が混ざったような言葉で、共通語とはかけ離れています。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは2です。

 







平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説