平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題11解説

問1 カルチャーショック

 カルチャーショック (culture shock)とは、異文化の習慣や考え方・常識が自文化と大きくかけ離れているため、心理的ショックを受けたりすること。
 参考:【異文化適応過程】Uカーブ仮説とWカーブ仮説

 1 同じ言語を使用する国に行ったとしても、文化が違えばカルチャーショックが生じることもあります。
 2 年齢や性別とも関係があります。
 3 正しいです。自国に帰ってきたときでも経験することがあります。
 4 自然環境の違いなどから受けるストレスもカルチャーショックの一種です。

 したがって答えは3です。

 

問2 カルチャーショックの要因

 1 正しいです。
 2 文化的・社会的要因、個人的要因からどの程度影響を受けるかは個人によります。
 3 文化的・社会的要因と個人的要因のどちらの影響が大きいかは個人によります。
 4 文化的・社会的要因、個人的要因のどちらの影響が大きいかは個人によります。

 したがって答えは1です。

 

問3 カルチャーショックの個人差

 1 新しい試みをためらわない人は、適応しやすいです。
 2 一定の生活習慣パターンを維持しようとする人は、異文化に適応しにくいです。
 3 物事に対して即座に反応する人は、適応しやすいです。
 4 自分の考えや気持ちを表現する人は、適応しやすいです。

 したがって答えは2です。

 

問4 Uカーブ曲線

 Uカーブ仮説 (U-curve)/Uカーブ曲線/U字型曲線モデル/U字曲線とは、リスガード (S.Lysgaard)によって提唱された、新しい環境下で起こる人間の心理状態の変化を表した曲線のこと。カルチャーショックを乗り越えて異文化に適応していく過程を、ハネムーン期、不適応期、(回復期)、適応期に分類し、その様子を図示するとU字に見えることからこの名が付けられた。

 したがって答えは4です。

 参考:【異文化適応過程】Uカーブ仮説とWカーブ仮説

 

問5 異文化適応モデルを知っていると得られる効果

 異文化適応モデルを知っていると、今自分の身に起こっている反応が誰もが経験する一時的なものだと認識できるようになり、楽観視できるようになります。
 したがって答えは1です。







平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説