平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題9解説

問1 ナチュラル・アプローチ

 ナチュラル・アプローチ (The Natural Approach)とは、1980年代に注目された成人のための外国語教授法で、幼児の母語習得過程を参考にした聴解優先の教授法。クラッシェンのモニターモデルの仮説に基づき、学習者が自然に話し出すまでは発話を強制せず、誤りがあっても不安を抱かせないために直接訂正しないなどの特徴がある。発話が行われるまでの間は聴解練習のみ行われる。

 1 正しいです。 
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 間違いです。

 したがって答えは4です。

 

問2 インターアクション仮説

 インターアクション仮説とは、ロング (Long)が提唱した第二言語習得に関する仮説。他者との言語を使ったやり取り(インターアクション)をお互いに行い意味交渉することで言語習得が促進されるとする。ここでいう意味交渉は、明確化要求、確認チェック、理解チェックの3種類に分けられる。

明確化要求 相手の発話が曖昧で理解できないときに、発言を明確にするよう要求すること。
確認チェック 相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認すること。
理解チェック 自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認すること。

 明示的フィードバック/明示的訂正とは、学習者に誤用の存在を直接はっきりと示して訂正する方法のこと。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「『美しい』はイ形容詞なので、『美しかった』ですよ」と修正することなどが挙げられる。

 フィードバックとは、学習者の発話に対して何らかの反応を示すこと。正しければ褒め(肯定的フィードバック)、間違っていれば修正する(否定的フィードバック)2種類に分けられます。

 「3人います」の3人とは誰なのかが明確でなかったため、聞き返しました。このような会話的調整はインターアクション仮説の明確化要求です。
 したがって答えは1です。

 

問3 IRF/IRE型

 教室ではIRE/IRF型を基本パターンとした談話が行われます。
 IRE/IRF型 – IRF/IRE型 – 教室談話とは、教室における談話の基本構造のこと。教師による発話 (Initiation)、学習者の応答(Response)、評価/フィードバック(Evaluation/Feedback)の順で談話が行われる。

 1 教師による発話 ⇒ 学習者の応答 ⇒ 学習者の応答
 2 教師による発話 ⇒ 学習者の応答・質問 ⇒ 教師の応答
 3 教師による発話 ⇒ 学習者の応答 ⇒ 学習者の質問
 4 教師による発話 ⇒ 学習者の応答 ⇒ フィードバック

 したがって答えは4です。

 

問4 ペア・ワークやグループ・ワーク

 選択肢1
 提示質問/ディスプレイ・クエスチョン (display question)とは、質問者が答えを知りながら尋ねる質問形式のこと。
 指示質問/レファレンシャル・クエスチョン (referential question)とは、質問者が答えを知らない状態で尋ねる質問形式のこと。
 教師と学習者の教室談話では提示質問が多くなりますが、ペア・ワークやグループ・ワークにおける談話ではほとんど現れません。

 選択肢2
 学習者の誤用は教師によって行われることが多いため、教師と学習者の教室談話でよく現れます。一方、ペア・ワークやグループ・ワークにおける談話ではあまり現れません。

 選択肢3
 教師と学習者の教室談話では、意味交渉はあまり生じません。一方、ペア・ワークやグループ・ワークにおける談話では学習者間のコミュニケーションが盛んになりますので、意味交渉も多くなります。

 選択肢4
 学習者の発話に誤りがあり、相手から明確化要求などの否定的フィードバックを受けると、相手に分かるように自分の発話を修正します。これを強要アウトプット/強制アウトプットと呼びます。
 教師と学習者の教室談話の方が否定的フィードバックを受けやすいので、強要アウトプットも多くなります。

 したがって答えは3です。

 

問5 気づき(noticing)の機能

 アウトプット仮説 (The Output Hypothesis)とは、スウェイン (M.Swain)によって提唱された、相手が理解可能なアウトプットをすることで言語習得が促されるとする理論。自分が言えることと言えないことの差に気付くことで、言えないことを言えるようになろうとすることが言語習得に繋がるとされている。

 したがって答えは3です。

 







平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説