平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 情報機器を用いても、半数以上の人が仮名表記にする漢字

手書きの場合に漢字で表記すると答えた人が1割未満であった「顰蹙」(4.6%),「齟齬」(5.6%)は,パソコン・ワープロ等を使って選ぶ場合は,漢字で表記する割合が23~24ポイント高くなっている。それでも,半数以上の人が,平仮名で「ひんしゅく」(58.5%)「そご」(52.7%)と表記すると答えている。
 - 平成16年度「国語に関する世論調査」の結果について | 文化庁より

 したがって答えは1です。

 

問2 情報機器の普及

「本の形になっている辞書」は,年齢が高くなるとともに割合が高くなり,50代以上では約7割となっている。「電子辞書」は,16~19歳で特に高い(5割近く)。「インターネット上の辞書」は,30代で最も高い(2割強)。「携帯電話の漢字変換」は20代で特に高い(約8割)。ワープロ,パソコンの漢字変換は,30代,40代で高い(3割台半ば)。
 - 平成18年度「国語に関する世論調査」の結果について | 文化庁より

 したがって答えは3です。

 

問3 顔文字・絵文字

 1 顔文字はそのままで使うか、文末で使うケースのほうが多いです。
 2 正しいです。
 3 同じ顔文字でも、形や意味に違いがあります。「(^^)」は以前日本でよく見られましたが、欧米では「:D」などを用いるようです。
 4 絵文字も顔文字の女性のほうが多く使います。

 したがって答えは2です。

 

問4 ノンバーバル化

 外見、身だしなみ、顔の表情、顔色、視線、身振り手振り、体の姿勢、相手との物理的な距離(対人距離)、呼吸などによって行われる、言語以外の手段によるコミュニケーションのこと。その研究分野から、身体動作学、近接空間学、パラ言語学(周辺言語学)の3つに分けられる。

身体動作学 身振り手振り(ジェスチャー)、表情、アイコンタクトなどの身体動作に着目した研究のこと。
近接空間学 相手との距離の取り方に着目した研究のこと。
パラ言語学
(周辺言語)
言葉に付属して相手に伝えられるイントネーション、リズム、ポーズ、声質(声の大きさ、高さ、速さ、声色)、フィラーなどの研究のこと。

 声の抑揚や顔の表情などはノンバーバル・コミュニケーションの一種で、その様子と文脈(コンテクスト)を組み合わせることで発話内容を正しく解釈するのを助ける働きがあります。

 したがって答えは4です。

 

問5 顔文字・絵文字の機能

 顔文字や絵文字を使わないと、相手のがどのような感情を持っているかを正確に測り知ることができません。適切な場面で適切な顔文字や絵文字を使うことは、そのコミュニケーションにおける誤解や摩擦を回避する役割があります。

 したがって答えは1です。

 





平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説