平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題11解説

問1 出入国管理及び難民認定法の改正

 1990年6月の出入国管理及び難民認定法の改正施行に伴い、「定住者」の在留資格が創設されたことで日系三世までの就労が可能となり、ポルトガル語・スペイン語を母語とする日系人の来日が増えました。

 したがって答えは4です。

 

問2 間接ストラテジー

 言語学習ストラテジーとは、 学習する際に用いるストラテジーのことで、記憶、認知、補償、メタ認知、情意、社会的の6つに分類される。目標言語に直接かかわる記憶ストラテジー、認知ストラテジー、補償ストラテジーの3つを直接ストラテジー、言語学習を間接的に支えるメタ認知ストラテジー、情意ストラテジー、社会的ストラテジーの3つを間接ストラテジーと呼ぶ。

分類 種類 説明
直接 記憶 記憶するために用いられるストラテジーのこと。知識と知識の知的連鎖を作ったり、語呂合わせなどで音やイメージを結びつけたり、繰り返し復習したり、単語カードを使ったりなどが挙げられる。
認知 理解を深めるために用いられるストラテジーのこと。メモしたり、線引きしたりなどが挙げられる。
補償 足りない知識を補うために用いるストラテジーのこと。分からない言葉を文脈から推測したりするなどが挙げられる。
間接 メタ認知 言語学習を間接的に支える間接ストラテジーのうち、学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジーのこと。学習のスケジューリングをしたり、目標を決めたりすることなどが挙げられる。
情意 学習者が自らの感情や態度や動機をコントロールするために用いるストラテジーのこと。自分を勇気づけたり、音楽を聴いてリラックスしたりすることなどが挙げられる。
社会的 学習に他者が関わるストラテジーのこと。質問をしたり、他の人と協力することなどが挙げられる。

 1 直接ストラテジー
 2 間接ストラテジー
 3 直接ストラテジー
 4 直接ストラテジー

 したがって答えは2です。

 

問3 文化変容モデル

 インターアクション仮説とは、ロング (Long)が提唱した第二言語習得に関する仮説。他者との言語を使ったやり取り(インターアクション)をお互いに行い意味交渉することで言語習得が促進されるとする。ここでいう意味交渉は、明確化要求、確認チェック、理解チェックの3種類に分けられる。

明確化要求 相手の発話が曖昧で理解できないときに、発言を明確にするよう要求すること。
確認チェック 相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認すること。
理解チェック 自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認すること。

 
 ベリーが提唱した「文化受容態度」とは、異なった文化を持つ人が別の文化に入った場合、入った人と受け入れる側がどのように対応するかによって社会が変容するという理論です。入った人を取り巻く社会の在り方を、統合、離脱、同化、周辺化(境界化)の4つに分類しました。

 エリカさんは文化受容モデルの「離脱」にあたります。
 したがって答えは4です。

 

問4 動機づけ

 行動のきっかけや原動力となるものを動機付けといい、自分の内側から湧いてくるものを内発的動機付け外部からの報酬などを得ることが目的となる外発的動機付けに分けられます。

 進学や就職に有利である等の動機で外国語を学習する場合、外国語を道具のように扱うことから道具的動機付けと呼ばれます。逆に、その文化に溶け込みたいなどという動機によるものは統合的動機付けと呼びます。道具的動機付けよりも、統合的動機付けのほうが学習意欲を長期間維持しやすいとされています。

 1 「通訳の仕事はお金になるからやっている」の部分が外発的動機づけです。
 2 内発的動機づけがあると明確に分かる部分はないのですが、選択肢4が完全に否定されているので、これも正しいです。
 3 通訳のために日本語を勉強しているようですので、道具的動機づけがあります。
 4 「日本人のようにはなりたくないから」の部分から、統合的動機づけはないと推測できます。

 したがって答えは4です。

 

問5 言語適性

 言語適性とは、外国語を学ぶために必要とされる能力のことです。明確な基準はないようですが、およそ四技能(話す・聞く・読む・書く)を用いて認識・分析する能力のことを指すようです。

 したがって答えは1です。

 







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説