平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題10解説

平成23年度, 日本語教育能力検定試験

問1 アスペクト

 1 モダリティ
 モダリティとは、その文の命題に対する話し手の主観的な認識や判断を表す部分を指し、ムードとも呼ばれます。

 2 テンス
 テンス(時制)とは、その動作や出来事が、発話時点と時間的にどのような関係(過去・現在・未来)にあるかという文法的概念です。

 3 ヴォイス
 ヴォイス(態)とは、動詞の形が変化することによって、文の格関係が変わる文法形式のことです。受動態、使役態、使役受動態などがありますが、これらはおよそ中級から扱います。

 4 アスペクト
 アスペクト(相)とは、ある動作や出来事がどの局面にあるかを表す文法形式です。過去形や現在進行形などは初級で学びます。

 状態の持続を表す「ている」を用いて、「着ている人」とするべきです。
 したがって答えは4です。

 

問2 フィードバック

 教授法は、大きく3つの言語習得観で分けられます。

 フォーカス・オン・フォームズ(FonFs:Focus on Forms)
 オーディオリンガル・メソッドや文法訳読法などに代表されるFonFsは、文法に焦点を当てた教授法のことです。教室において、教師が中心となり、文法規則等を最初から手取り足取り正確に教え込んでいきます。機械的なドリル練習などを多用しますが、文法的な正確さを重視しているため、かえって流暢さが身につかないとされています。

 フォーカス・オン・ミーニング(FonM:Focus on Meaning)
 ナチュラル・アプローチやイマージョン教育などに代表されるFonMは、意味に焦点を当てた教授法のことです。学習者が中心となって多く聴き、多く読むのが特徴です。この際、教師による介入が完全に行われません。意味を重視することによってコミュニカティブに言語習得できますが、これは流暢さを身につけることはできても、文法的な正確さが身につかないとされています。

 フォーカス・オン・フォーム(FonF:Focus on Form)
 FonFは、FonFsの流暢さが身につけられない欠点と、FonMの文法的な正確さが身につけられない欠点を互いに補うために考案された教授法です。コミュニケーションの中で文法的な知識を学習していこうという考え方に基づき、教室においてはFonMと同様に学習者が中心となりますが、必要があれば教師は介入します。何らかのトピックやテーマを用いることで、文法そのものに焦点を置かずに意味中心としていますが、教師によるプロンプトやリキャストでフィードバックを行うことにより、その中で学習者の注意が文法形式に向くような工夫があります。FonFsのように文法説明を始めたり、機械的なドリル練習をすることはなく、最終的には学習者の気付きによって文法知識の習得を促します

 明示的フィードバックとは、学習者がした誤用を直接はっきりと示して訂正する方法のことです。
 リキャスト(暗示的フィードバック)とは、自然な応答の中でさりげなく訂正する方法のことです。答えを学習者に与えます。

 したがって答えは4です。

 

問3 リキャスト

 「この赤い服を着ている人ですか」はリキャストです。
 リキャスト(暗示的フィードバック)とは、自然な応答の中でさりげなく訂正する方法のことです。答えを学習者に与えます。

 1 誤用は、ついつい間違えてしまったというタイプのミステイクと、間違えて覚えてしまっているために起こるタイプのエラーに分けられますが、ミステイクはつい間違えてしまったために、自分でその間違いに気付けます。
 2 正しいです。リキャストは暗示的なフィードバックなので、フィードバックを受けていること自体に気付かない場合もあります。
 3 遮るようなことはありません。
 4 リキャストは話の流れを遮りません。

 したがって答えは2です。

 

問4 「赤いの服」

 1 「食べているの人」のように、動詞を修飾する場合にも観測される誤用です。
 2 中国語母語話者は確かにこのような誤用が多いですが、中国語母語話者特有ではありません。
 3 幼児期にこのような誤用が見られることがありますし、学習者にとっては母語による転移の可能性もあります。
 4 選択肢3で述べたように、第一言語習得でも見られます。

 したがって答えは3です。

 

問5 明示的フィードバック

 明示的フィードバックとは、学習者がした誤用を直接はっきりと示して訂正する方法のことです。

 1 明示的フィードバック
 2 明示的フィードバック
 3 リキャスト
 4 明示的フィードバック

 したがって答えは3です。

 

2019年7月18日平成23年度, 日本語教育能力検定試験