平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題5解説

問1 スキミング

 スキミング (skimming)とは、速読の一種で、文章の要点や全体の大意を理解するための読み方のこと。

 スキャニング (scanning)とは、速読の一種で、大量の文章から特定の情報を探し出すための読み方のこと。名簿から特定の名前を見つけたり、辞書で言葉の意味を調べるときなどに用いる読み方。スキャニングにはトップダウン処理がより必要とされる。

 したがって答えは1です。

 

問2 展開の予測

 言いさし表現は後続したはずの言葉が省略されているので、展開を予測させるのに適切です。
 したがって答えは3です。

 

問3 トップダウン処理

 1 ボトムアップ処理 (bottom-up processing)
 単語や音、文法などの言語知識を用いて、細かい部分から徐々に理解を進めていく言語処理方法のこと。

 2 トップダウン処理 (top-down processing)
 既に持っている背景知識や文脈、タイトル、挿絵、表情などから推測しながら理解を進めていく言語処理方法のこと。

 3 精緻化リハーサル (elaborative rehearsal)
 インプットされた情報を長期記憶に転送するための方法のこと。インプットされた情報を長期記憶に貯蔵されている既有知識と関連付けたり、関連する場面や状況をイメージしたりすることが挙げられる。

 4 プロトコル法/プロトコル分析/発話プロトコル法
 被験者の考えていること、思考の流れを客観的に測定する方法のこと。例えば何かしらのタスクを与え、それを遂行するにあたり、被験者が考えたこと、思ったことを常時全て発話させる。この発話した内容をプロトコル・データと呼び、その発話を分析することによって、思考の流れを解明する。

 見出しから内容を予測するのは、トップダウン処理が必要になります。
 したがって答えは2です。

 

問4 学習ストラテジー

 学習者Xは、選手名やルールなどのキーワードを見つけることで読み進めています。
 したがって答えは4です。

 

問5 総まとめの活動

 この活動のねらいは、スキミングと内容の予測です。
 選択肢3は隠された見出しを予測する活動なので、活動のねらいと合います。
 したがって答えは3です。







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説