平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 実質語

 内容語/実質語 (content word)とは、実質的な内容や意味を表す語のこと。名詞・形容詞・動詞など。
 機能語 (function word)とは、文法的な役割や話し手の事態の捉え方を表す語のこと。代名詞・前置詞・接続詞・助動詞など。そのほとんどが平仮名で表される。

 1 正しいです。
 2 機能語のほうが和語の占める割合が大きいです。
 3 学齢期とはおよそ15歳を指しますが、この年齢までにほとんど全ての語彙を覚えるかと言えばそうではありません。その年齢以後も語彙は増えていきます。
 4 実質語は「こどおじ」のように、語同士を組み合わせたりして新しい語を容易に作ることができますが、機能語は容易に新しい語を作ることはできません。

 したがって答えは1です。

 

問2 シンタグマティック

 パラディグマティックな関係(parafigmatic relation)とは、互いに入れ替え可能な言葉の関係のこと。例えば、「運転する」「操縦する」「漕ぐ」の間の関係がこれにあたる。範列的な関係、縦の関係とも呼ぶ。

 シンタグマティックな関係(syntagmatic relation)とは、文として直線的に並べられる線条的な言葉の関係のこと。例えば、「眼鏡」と「かける」、「水」と「かける」の間の関係がこれにあたる。統合的な関係、横の関係とも呼ぶ。

 「漕ぐ」とシンタグマティックな関係に位置する語は「自転車」です。「自転車を漕ぐ」と言えるからです。
 したがって答えは2です。

 

問3 一連の語を体系として提示する

 「辞書を使う」「辞書を見る」と言っても意味は分かりますが、通常は「辞書を引く」「辞書で調べる」と言います。このような言葉の自然な組み合わせのことをコロケーション(collocation)といいます。

 1 文章中であるように、パラディグマティックやシンタグマティックな関係にある語、対義語、類義語などを同時に提示することによって、体系的に語彙を学ぶことができるようになります。これらを既習語のみで行うことは不可能です。
 2 正しいです。
 3 「登る」と「下りる」は対義語の関係にありますが、「山に登る」と「山を下りる」のように、格関係が同じではないものもあります。
 4 共起する頻度が高い語は一緒に教えたほうが効率的ですが、できる限り全て導入する必要もありません。

 したがって答えは2です。

 

問4 慣用句

 慣用句とは、2語以上の単語が固く結びつき、全く異なる意味を持つようになったもののこと。例えば、「目がない」はその語が持つ意味を失い、「我を忘れるほど好きな様子」を表す。

 1 正しいです。「目がない」を「目がとてもない」とは言いにくいです。
 2 正しいです。「打つ」と「叩く」は類義語ですが、「相槌を打つ」とは言えても、「相槌を叩く」とは言いにくいです。
 3 正しいです。
 4 間違いです。「相槌を打つ」と言うようになったのは文化的な背景があります。文化によって作られる慣用表現は異なります。

 したがって答えは4です。

 

問5 格成分

を作る を焼く を加える
に加える
に触れる を壊す にぶつかる
と結婚する とけんかする に説明する
を見せる
に見せる
を貸す
に貸す
を渡す
に渡す

 したがって答えは4です。

 

問6 語彙指導

 1 語彙を指導する際は、その意味と漢字、発音を同時に教えるべきです。
 2 正しいです。
 3 実質語(内容語)の意味は前後の文脈などからも推測できますので、学習言語によっても理解がなされます。
 4 語の持つイメージは、母語話者であればほとんど共通していますので、教師によって異なるとも言えません。そのようなイメージは指導したほうがいいです。

 したがって答えは2です。

 







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説