平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題13解説

問1 標準語化

 接触によって起きる現象は取り替え(標準語化)、混交、導入、棲み分け、維持の5つに分類される。

取り替え
標準語化
既存の単語があるところに新たな同義の単語が伝播し、その新たな単語が既存の単語を追いやり取って代わること。
混交 既存の単語と新たに伝播した単語が合わさり、双方の一部分を残しつつ新たな単語が生まれること。
導入 混乱を避けるため、英語などのリンガフランカから全く新しい単語を導入すること。
棲み分け 既存の単語と新たに伝播した単語を多少異なるものとして役割を分担させ、共存させること。
維持 新しく伝播した語を受け入れず、元々の語を維持すること。

 1 セミリンガル
 セミリンガルとは、限定的バイリンガルやダブル・リミテッド・バイリンガルとも呼ばれ、どちらの言語も十分に扱えないタイプのこと。

 2 モノリンガル
 1つの言語のみを使用する人のこと。

 3 中間言語化
 中間言語化という言葉はないと思われます。
 中間言語 (interlanguage)とは、第二言語学習過程における発展途上にある言語体系のこと。母語の影響を受けながらも、徐々に目標言語に近づいていくものとされる。セリンカー (Selinker)が提唱した概念。

 4 標準語化
 取り替えのこと。

 したがって答えは4です。

 

問2 棲み分け

 1 混交
 2 棲み分け
 3 導入
 4 維持

 したがって答えは2です。

 

問3 ネオ方言

 ネオ方言とは、標準語と方言の混淆形式として生まれた中間的な言い方のこと。方言の「けーへん」、標準語の「こない」が混淆して「こーへん」となるのが代表的な例。

 したがって答えは4です。

 

問4 リンガフランカ

 1 ピジン (pidgin)
 異なる言語を話す者同士が意思疎通するため、お互いの言語の要素を組み合わせて作られた接触言語のこと。お互い正しい意思疎通をするために文法が単純化されたり、一つの単語が多義的に用いられたり、また、発音も簡略化される傾向がある。

 2 共通言語/リンガ・フランカ (Lingua franca)
 異なった言語を話す人や集団同士の意思疎通に用いられる言語のこと。日本語を学習している中国人と韓国人が意思疎通するために日本語を使用するとき、日本語が彼らのリンガ・フランカといえる。現代では英語が全世界に広く普及しているため、単に英語のことを指すこともある。

 3 ダイグロシア (diglossia)
 ある社会において高変種と低変種の二つの言語変種が存在し、それぞれが場面や状況によって使い分けられている状態のこと。高変種とはいわゆる公的な場面で使用される言語形式のことで、H(High)変種とも呼ばれる。低変種は口語や方言において現れる、より私的な場面で使用される言語形式のことで、L(Low)変種とも呼ばれる。

 4 クレオール (creole)
 ピジン言語が長期間使用されることによってその地域の共通言語として定着し、母語として話されるようになった言語のこと。ピジンよりも単語が多くなり、文法が整っている傾向がある。

 したがって答えは2です。

 

問5 東京方言が影響を受けた地域

 かつて日本の中心が関西地域だったことから、東京方言は関西地域の影響を受けています。
 したがって答えは2です。







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説