平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題7解説

問1 「誤用」の捉え方

 誤用は第二言語習得過程において必然であるという考え方に変わってきています。
 したがって答えは3です。

 

問2 非文

 非文とは、文法的に間違っているために成立しない文のこと。

 1 不要な「だ」があり、文法的に間違っているため非文です。
 2 文法は間違っていませんので、非文ではありません。
 3 文法は間違っていませんので、非文ではありません。
 4 文法は間違っていませんので、非文ではありません。「手伝ってくれました」というべきですが、「手伝いました」としています。これは問3で出題される「語用論的な適切さに関わる誤用」です。

 したがって答えは1です。
 
 

問3 語用論的な適切さに関わる誤用

 語用論的な適切さに関わる誤用とは、文法的には正しいものの、コミュニケーション上の不適切な表現によるもののことを指します。

 1 文法的な誤りはありませんが、ここでは「来れない」と言うべきです。
 2 文法的な誤りはありませんが、ここでは「手伝います」と言うべきです。
 3 「私にとって」というべきです。これは文法的な誤りです。
 4 文法的な誤りはありませんが、ここでは「いらっしゃいませんか」などと言うべきです。

 したがって答えは3です。

 

問4 ローカルエラーとグローバルエラー

 グローバルエラー/全体的な誤り (global error)とは、エラーのうち、相手とのコミュニケーションに大きな支障が出るエラーのこと。
 ローカルエラー/局部的な誤り (local error)とは、エラーのうち、相手とのコミュニケーションに影響が少ないエラーのこと。

グローバルエラー ローカルエラー
ローカルエラー グローバルエラー
ローカルエラー ローカルエラー
ローカルエラー ローカルエラー

 したがって答えは2です。

 

問5 ロールプレイにおける、その場で訂正を行わない理由

 ロールプレイでは、言語を用いて課題を完遂することが求められます。仮に文法や表現が間違っていたとしても、完遂できればいいとするのがロールプレイの考え方です。学習者が誤った発話をしたとしても、その場で訂正するとテンポが悪くなってしまいますので、訂正はロールプレイ終了後に行います。

 したがって答えは3です。

 

問6 コミュニケーション・ストラテジー

 学習ストラテジーは、言語学習に用いる言語学習ストラテジーと、コミュニケーションを成立させるために用いるコミュニケーション・ストラテジーの2つに分けられます。
 コミュニケーション・ストラテジーとは、自分の言語能力が不足しているときのコミュニケーションを達成するために学習者が用いるストラテジーのことです。以下の6つに分けられます。

種類 説明
回避 語彙力や文法力が原因で表現できない際に他の話題を選んだり、中断すること。
言い換え 知らない語を、それに似た別の語で表現したり、新しく語を作ったりして説明すること。
意識的転移 母語や他の言語に依存して説明すること。
助言要請 辞書を使ったり、分からない言葉をネイティブに質問して教えてもらうこと。
物まね 身振り手振りなどの非言語手段で伝えること。
時間稼ぎ ポーズを挟んで考える時間を稼ぐこと。

 より簡単な自信のある表現を選んだりするのは言い換えで、その話題を中断したりするのは回避です。

 コード・スイッチング (code switching)
 相手や場面、話題に応じて言語そのもの、あるいは同一言語内の言語変種を使い分けること。標準語も方言を言語変種のため、これらを使い分けることもコードスイッチングの一種となる。これらは会話的コードスイッチング、状況的コードスイッチング、隠喩的コードスイッチングの3つに分けられる。

 スピーチレベルシフト/スピーチスタイルシフト
 1つの場面で1人の話者が普通体から丁寧体、あるいは丁寧体から普通体へと切り替えて丁寧さの度合いを変化させること。

 したがって答えは1です。

 





平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説