平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D解説

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D
 D【日本語と視点】

(16)格関係に変更が生じることがないもの

 1 「ギターを弾く」⇒「ギターが弾ける」
 2 「窓を開ける」⇒「窓が開けてある」
 3 「水を飲む」⇒「水が飲みたい」
 4 「窓を開ける」⇒「窓を開けておく」

 選択肢4だけ格関係が変わりません。
 したがって答えは4です。

 

(17)間接受身文

 間接受身は間接的に悪影響を被るものを主語に立てる表現です。通常主語は人間となり、主語から見て迷惑と感じることを表します。直接受身とは異なり、対応する能動文もなく、英語にも訳しにくい形式です。

 能動文である「雨が降る」を間接受身文にすると「雨に降られる」になります。ここでは「私が雨に降られる」と言うこともできますが、能動文では「私が」に相当する格成分が存在しません。つまり、日本語の間接受身文では、もとの能動文で各成分になっていない要素をガ格にすえることができるということです。

 したがって答えは3です。

 参考:日本語の受身文の種類

 

(18)自動詞の受身文

 迷惑の受身の中には、自動詞が受身となるものがあります。これらは自動詞の受身と呼ばれます。これは日本語特有の表現だと言われています。

自動詞の受身文 対応する能動文
(13) 赤ちゃんに 泣かれた。
(14) 雨に 降られた。
(15) 子どもに 死なれた。

 したがって答えは4です。

 参考:日本語の受身文の種類

 

(19)授受表現「くれる」

 「彼は私にプレゼントをくれた」では、受け手(私)から見た与え手(彼)の行為を描写しています。
 したがって答えは1です。

 

(20)存在しない授受表現

 1 正しいです。与え手や話し手がガ格をとりやすいです。
 2 表中cでは受け手がガ格をとっていますが、動詞では受身表現を用いていません。
 3 表中bの「くれる」は話し手の視点から述べていますが、他者をガ格に据えています。
 4 表中bの文では話し手も受け手として関わっていますが、ニ格が据えられています。ガ格にすると非文です。

 したがって答えは1です。







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説