平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C
 C【接辞】

(11)イ形容詞を名詞に変える接尾辞

 「丸い」を例にとって考えてみると、「丸まる」は動詞、「丸さ」は名詞に変わります。
 したがって答えは3です。

 

(12)「御~」の例外

 漢語は「ご」、和語は「お」がつきますが、例外もあります。

 1 「挨拶」は漢語なので、「ご挨拶」は例外ではありません。
 2 「願い」は和語なので、「お願い」は例外ではありません。
 3 「礼」は漢語なので、「お礼」は例外です。
 4 「利用」は漢語なので、「ご利用」は例外ではありません。

 したがって答えは3です。

 

(13)「~的」

 1 「建設的」「イメージ的」「わたし的」など、漢語にも外来語にも和語にも接続されます。最も多いのは漢語です。
 2 書き言葉でも話し言葉でも使用されます。
 3 中国語で使用される「的」は、格助詞の「の」に相当する意味を持っています。しかし日本語の「的」には、「私的には」のような使い方があり、この「的」は「~にとっては」という意味です。全く同じ用法というわけではありません。
 4 「建設的」のように、「的」を接続することでナ形容詞を作る用法もありますが、「公的年金」のように直接名詞を修飾する用法もあります。

 したがって答えは4です。

 

(14)造語力が弱い接辞

 「~めく」は春、謎、冗談、皮肉、説教などの特定の単語にのみに接続されます。
 したがって答えは4です。

 参考:【N1文法】~めく/めいて/めいた

 

(15)意味によって読み方が変わるもの

 1 程度や規模が大きいことを表す「大規模」の「大」は「だい」と読みます。質の高さや寮の多さを表す「大人数」は「おお」と読みます。

 2 出身や所属を表す「日本人」の「人」は「じん」と読みます。その動作をする人を表す「3人」などの「人」は「にん」と読みます。

 3 動作・作用の方法や様相を表す「作り方」の「方」は「かた」と読みます。人を表す名詞につき複数を表す「あなた方」の「方」は「がた」と読みます。

 4 分量・割合を表す「5分」などの「分」は「ぶん/ぶ」と読みます。時間・時刻の単位を表す「4分」などの「分」は「ふん・ぷん」と読みます。

 したがって答えは1です。





平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説