平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B解説

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B
 B【対義語】

(6)相補的対義語

相補的対義語 対義語のうち、一方が肯定されれば、他方が否定される関係が成り立つ対義語のこと。それらの間に中間が存在しない。男と女、生と死などがこれにあたる。
両極的対義語 対義語のうち、物事の両極にある関係が成り立つ対義語のこと。満点と零点、南極と北極、入学と卒業、頂上と麓などがこれにあたる。これらは段階的な連続性を持たないことから、明確な中間地点は存在しない。
連続的対義語 対義語のうち、中間点から相反する方向に段階的な連続性を持つ対義語のこと。大きいと小さい、長いと短いなどが挙げられる。これら両者には中間地点が存在する。
視点的対義語 対義語のうち、一つの事柄や物事を異なる視点から捉えた関係の対義語のこと。上り坂と下り坂、貸すと借りる、医者と患者、来ると行くなどがこれにあたる。
互いに相手を前提とした対義語 対義語のうち、一方の存在が、もう一方の存在によって成り立つ関係にある対義語のこと。先生と学生、医者と患者などがこれにあたる。

 したがって答えは4です。

 似ている問題が「平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B解説」でも出題されています。

 

(7)程度副詞

様態副詞/情態副詞 動詞を修飾し、その動作がどのように起こったかを表すもの。擬態語、擬音語、擬声語、一部の畳語もこれに含まれる。そのうち、動きの量や人の量などを表す副詞を量副詞と分類することもある。
陳述副詞 述語の陳述に呼応して用いられるもの。また、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表すもの。必ず、もし、たとえ、たぶん、なぜ…
程度副詞 形容詞などの状態性の語を修飾してその程度を表すもの。たいへん、とても、すごく…

 「長い」や「短い」のような対義語は状態性の語なので、程度副詞が接続できます。
 したがって答えは2です。

 

(8)視点的対義語

 1 両極的対義語
 2 互いに相手を前提とした対義語(?)
 3 視点的対義語
 4 互いに相手を前提とした対義語

 したがって答えは3です。

 

(9)対立する語で品詞が異なるもの

 1 「正しい」はイ形容詞、「間違い」は名詞
 2 「綺麗」はナ形容詞、「汚い」はイ形容詞
 3 「豊か」はナ形容詞、「貧しい」はイ形容詞
 4 「丁寧」はナ形容詞、「ぞんざい」はナ形容詞

 したがって答えは4です。

 

(10)コンテクストによって対義関係となるもの

 1 「家庭」と「仕事」には対義関係がありません。
 2 「見る」と「する」を比較することで対義関係を示しています。
 3 「クラシック」と「ロック」は並列関係です。
 4 「電車の乗り降り」と「買い物」は並列関係です。

 したがって答えは2です。







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説