「彼ら」は使うが「彼たち」はあまり使われない。三人称代名詞の不思議

 学生→学生たち、私→私たち、あなた→あなたたちのように、「たち」をつければ人称代名詞の複数形になることは1年生の早い段階で教わることです。しかし、この「たち」は”彼女”に使えても、”彼”には使いにくいようです。実際2年生3年生になっても「彼たち」と言ってしまう学生は少なくなく、私もよく訂正したりしています。

 

検索結果の件数を見ると、やはり「彼たち」は少数

 yahooやgoogleの検索エンジンでそれぞれの三人称代名詞の複数形がどれほどヒットするのか、その件数を調べてみました。

Yahoo! JAPAN Google Twitterリアルタイム検索
彼ら 129,000,000件 132,000,000件 578,356件
彼女たち 30,300,000件 28,700,000件 53,693件
彼たち 105,000件 114,000件 792件
彼女ら 6,040,000件 18,000,000件 29,297件

 ※2019年6月17日現在の検索結果
  Twitterリアルタイム検索は2019年5月19日から6月17日までの30日間の件数

 Googleの検索件数による比較だと、「彼ら」は「彼たち」の1000倍以上使用されており、桁が3つも違います。さらにTwitterリアルタイム検索の最近30日間によると「彼たち」は792件でしたが、このうち「元彼たち」という単語が多くヒットしていましたので、これを除いた実際の値はもっと低くなるはずです。よって「彼ら」が最も使われ、「彼たち」はほとんど使われていないことが分かりました。

 一方、「彼女たち」は「彼女ら」の1.6倍ほどで「彼女たち」のほうがより使われていると言えますが、その差はあまり開いていないのでいずれも一応市民権は得られていると言っても良さそうです。

 

参考書とかwikiとかで調べてみた結果

 初級の教科書には「彼ら」はありますが、「彼たち」はありませんでした。ここでは意味が「那些人」となっておりますので、「彼ら」は男性が複数いても、女性が複数いても使うことができるということを指しています。

 

 三人称 – Wikipediaにはこのように書かれています。「彼ら」はありますが、「彼たち」はありません。一方「彼女ら」「彼女たち」はいずれも書かれています。

 

 N5、N4の単語を網羅した参考書には「彼ら」の欄に「彼たち」も記載されていました。しかしこの参考書は著者、編者に日本人が一人も含まれていませんので信頼性に欠けます。

 

まとめ

 以上のように、「彼ら」はよく使いますが、「彼たち」はあまり使われません。
 初級の日本語学習者にこのような間違いが多いので、学習または指導の際には注意が必要になりますね。

 





日本語の色んなお話