平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D
 D【形容詞】

 

(16)属性形容詞と感情・感覚形容詞

 属性形容詞とは、物の性質や状態を表すイ形容詞、ナ形容詞のこと。「大きい」「重い」「明るい」「静か」など。
 感情・感覚形容詞とは、人の主観的な感情や感覚を表すイ形容詞、ナ形容詞のこと。「悲しい」「怖い」「痛い」「不安」「得意」など。

属性形容詞 感情・感覚形容詞
感情・感覚形容詞 感情・感覚形容詞
感情・感覚形容詞 属性形容詞
属性形容詞 属性形容詞

 したがって答えは1です。

 

(17)形容詞の人称制限

 属性形容詞は人称制限がありませんが、感情・感覚形容詞は主観的な感情や感覚を表す性質上、主語は一人称のときしか使うことができない制約があります。

属性形容詞 感情・感覚形容詞
一人称 私は美しい 私は楽しい
二人称 君は美しい 君は楽しい
三人称 彼女は美しい 彼女は楽しい

 したがって答えは4です。

 

(18)格助詞を伴った形で用いることができるナ形容詞

 文章中に「名詞の性質も有している」というヒントがあります。各選択肢に適当な格助詞をつけてみて、名詞としての用法があるかどうかを見てみます。

 1 ◯自由が
 2 ◯平等が
 3 ✕熱心が
 4 ◯元気が

 「熱心」だけが名詞としての用法がありませんでした。名詞化するには「熱心さ」というべきです。
 したがって答えは3です。

 

(19)補助形容詞

 補助形容詞とは、他の語の後に続いてその意味を限定する働きをする語のこと。例えば、「高くない」「綺麗ではない」の「ない」がこれにあたり、「高い」「綺麗」という状態を否定する働きを持つ。一方、「食べたくない」のように動詞につく「ない」は補助形容詞ではなく助動詞で、品詞が異なる。補助形容詞には、「食べてほしい」のような「ほしい」も含まれる。

 1 帰りたい 助動詞
 2 教えてほしい 補助形容詞
 3 つらい 形容詞
 4 らしい 助動詞

 したがって答えは2です。

 関連:平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説の(3)

  

(20)辞書形のままでも異なる品詞の用法を持つイ形容詞

 イ形容詞は後ろに名詞が接続できます。

 1 ◯大きい手
 2 ◯早い反応
 3 ◯すごい人
 4 ◯まずい料理

 全ての選択肢がイ形容詞として使えることが分かりました。他の品詞の用法を持つものを見つけるため、名詞以外のものに接続してみます。

 1 ✕大きい動く
 2 ✕早い逃げる
 3 ◯すごい食べる
 4 ✕まずい作る

 「すごい」だけが動詞にも接続できました。「すごい」はイ形容詞だけでなく、副詞としての用法もあります。

 したがって答えは3です。







平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説