平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C
 C【文章のまとまり】

 

(11)発話を意味的に関連あるものにする仕組み

 2文目に省略されているものがあるにも関わらず意味が分かるのは、お互いに意味的に関連のあるものにする仕組みを持っているからだそうです。

 試しに文脈を取り払って2文目だけを見てみると、「とても軽くて、よく飛んだ。」で何を言っているか分かりません。何が軽くて飛んだのかが不明だからです。主語を加えて「竹とんぼはとても軽くて、よく飛んだ。」とすれば分かります。

 したがって答えは3です。

 

(12)結束性

 1 結束性 (cohesion)
 文と文の間に文法的・語彙的な結びつきがあること。「庭に少年がいる。彼は何かを探しているようだ。」の文では、少年と彼は同じ人物を指している。このような時、1文目と2文目には指示詞による結びつきがあるため、正しく理解することができるようになる。

 2 一貫性 (coherence)
 文章中の照応関係や因果関係によって、文が表すテーマが全体を通して一貫していること。

 3 文法化
 動詞や名詞の実質的な意味が失われ、機能的な表現へと変化すること。例えば、「”資本論”という本」の「いう」は、元々の「言う」の意味が失われ、文法的な機能を持つようになっている。形式名詞の「こと」「もの」「わけ」なども文法化によって実質的な意味が失われた。

 4 文脈化
 文脈化の意味はよく分かりませんでしたが、こちらに書かれている内容がそうなのでしょうか?
 参考:年少者日本語教育実践の観点―「個別化」「文脈化」「統合化」

 したがって答えは1です。

 

(13)代名詞

 代名詞とは、名詞または名詞句の代わりに用いられる語です。「私」「あなた」「彼」などのことです。
 各選択肢に含まれる代名詞が、1文目と2文目の関係を表しているかどうかを見ていきます。

 1 2文目で突然「彼女」が出現しています。
 2 2文目で突然「彼女」が出現しています。
 3 1文目の「友達」と2文目の「彼」は関係性があります。
 4 2文目で突然「彼」が出現しています。

 したがって答えは3です。

 

(14)前方照応と後方照応

 1 前方照応と後方照応
 照応は、文章・談話の中で、代名詞や指示語を用いて具体的な何かを指すことです。特に代名詞や指示語がそれよりも前に出てきたものを指すことを前方照応後に出てくるものを指すことを後方照応といいます。

  (1) 田中さんとは話が合う。は私より10歳も年上なのに。
  (2) この人は私の恋人です。彼女とは職場で出会いました。
  (3) お腹がすいたらこれを食べてね。今日作ったカレーだよ。
  (4) 何か食べたい。例えば、とんかつとか。

 (1)(2)は前方照応、(3)(4)は後方照応です。

 
 2 内の関係と外の関係

  (5) 私が愛用しているこのギター ⇔ 私はこのギターを愛用している
  (6) 彼女がプレゼントしてくれた手袋 ⇔ 彼女が手袋をプレゼントしてくれた
  (7) 私が愛用しているギターの値段 ⇔ ???
  (8) 彼女がプレゼントしてくれた手袋の色 ⇔ ???

 (5)のように、連体修飾節内の主名詞「私」と修飾節「愛用しているギター」に関係があるものは、格助詞を伴うことで文を作ることができます。このように主名詞と修飾節との間に格関係がある連体修飾節を内の関係といいます。
 一方(7)のように、「私」と「愛用しているギターの値段」は格助詞を伴って文を作ることができません。このように主名詞と修飾節との間に格関係がない連体修飾節を外の関係といいます。

 
 3 現場指示と文脈指示
 現場指示とは、指示語を実際に近くにあるものを指して用いる用法。
 文脈指示とは、指示語を目の前にはないものを指して用いる用法。

  (9) このケーキ誰が買ってきたの? (現場指示)
  (10) 今度あそこのお店に行こう? (文脈指示)

 
 4 取り立てと並列
 取り立て助詞とは、文面にはない情報を暗示して意味を加える助詞のことです。「私も日本人です。」では、まず「私は日本人である」ことを明示しつつ、取り立て助詞「も」によって「自分以外にも日本人がいる」ことを暗示しています。

 並列助詞とは、二つ以上の言葉を対等の関係で接続するのに用いられる助詞のことです。「~や」「~やら」「~と」など…

 
 したがって答えは1です。

 

(15)コノテーション

 談話は発話内の言語的要素ではなく、推論によってまとまることもあります。これは間接発話行為と深い関係があります。
 間接発話行為とは、相手に何らかの意図を伝える際に、直接的な言い方を避け、間接的な言い方によって意図を伝えようとする発話行為のこと。例えば、小銭を借りるために「小銭貸して」というのではなく、「小銭ある?」と言い方を変えることなどが挙げられる。サール (J.R.Searle)の用語。

 1の談話
 「熱」に対して「それ」と指し示すことで談話を一つのまとまりとして感じられるようになっています。これは言語的要素によるものです。

 2の談話
 この談話では「おなかすいた」を「何か食べたい」という意味に推測して受け取り返答しています。言語的要素ではなく、推論によって談話がまとめられています。

 3の談話
 竹とんぼの例文と同じで主語が省略されています。主語が省略されても文がまとまっているように感じるのは、その前の文を構成する要素に依存して解釈されるためです。これは言語的要素によるものです。

 4の談話
 これも竹とんぼの例文と同じで主語が省略されています。主語が省略されても文がまとまっているように感じるのは、その前の文を構成する要素に依存して解釈されるためです。これは言語的要素によるものです。

 したがって答えは2です。

 





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説