平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題5解説

問1 自作のプリント教材

 1 重要な箇所はフォントを変えるなどして目立たせ、注意を引きつける。
 見やすくなるので正しいと思います。

 2 情報を階層的に構造化するために、見出しやインデントを効果的に用いる。
 見やすくなるので正しいと思います。

 3 図表には適切なタイトルをつけ、説明文の中で図表に言及する。
 分かりやすくなるので正しいと思います。

 4 イメージを具体化させるために、様々な情報を盛り込んだ詳細な図を使う。
 多くの情報を盛り込むとかえって混乱を招くかもしれませんので、必ずしも正しいとは言えません。

 したがって答えは4です。

 

問2 ブレンディッド・ラーニング

 1 プログラム学習
 学習者それぞれの能力差、個人差に応じて、それぞれの早さ、あるいは異なった過程を踏みながら学習していくこと。

 2 ブレンディッド・ラーニング
 オンラインでの学習と教室での対面学習を効果的に組み合わせた学習形態のこと。

 3 CAI (Computer Assisted Instruction)
 コンピュータを用いて行う教育のこと。

 4 WBT (Web Based Training)/e-learning
 インターネットを使って教育すること。

 したがって答えは2です。

 

問3 モジュール型教材

 モジュール型教材とは、各回完結型の教材のこと。どの課をどの順番で使うかは自由に決められるため、学習者のニーズやレディネスに合った授業ができる。

 3はスキルシラバス(技能シラバス)のことです。

 したがって答えは2です。

 

問4 トピックシラバス

 シラバスとは、教師が学生に示す講義・授業の授業計画のこと。目的毎にいくつかの種類に分けられる。

構造シラバス 言語の構造や文型に焦点を当てて構成されたシラバス。オーディオリンガルアプローチやサイレントウェイで用いられる。
機能シラバス 依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなどの言語の持つ機能に焦点を当てて構成されたシラバス。
場面シラバス 「レストランで注文する」や「スーパーで買い物をする」などの使用場面に焦点を当てて構成されたシラバス。
トピックシラバス
話題シラバス
ニーズ分析などを踏まえ、学習者の興味がある内容や実社会で話題になっている話題を中心に構成されたシラバス。
スキルシラバス
技能シラバス
言語の四技能(読/書/話/聞)の中から、学習者に必要な技能に焦点を当てて構成されたシラバス。
タスクシラバス
課題シラバス
言語を使って何らかの目的を遂行することに焦点を当てて構成されたシラバス。ロールプレイなどがこれにあたる。
概念・機能シラバス 機能シラバスと実際のコミュニケーションの場面を組み合わせて構成されたシラバス。依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなどの言語の持つ機能を用い、実際にコミュニケーションが行われる場面で目標を達成するような活動を進めていく。

 1 トピックと学習者の興味が一致すれば学習動機が高まる。
 トピックシラバスでは実社会で話題になっているようなことについて触れるので、学習者がその話題に対して興味があれば学習動機は高まるはずです。

 2 各トピックに関連する語彙や表現が難易度順に学べる。
 簡単なものから難しいものへと順序良く教えられるのは文法シラバスではないかと思われます。

 3 表現を依頼や感謝などの使用目的と結びつけて学べる。
 依頼や感謝などの言語の持つ機能に着目して作られるシラバスは機能シラバスです。

 4 主に初級の文法を学ぶ教科書に適している。
 トピックシラバスは初級には向いていないと思われます。

 したがって答えは1です。

 

問5 教科書の「構造分析」

 自らの授業経験を元に考えてみました。

 1 学習目標・学習項目・練習にはどのような関係があるか。
 勤務先の大学で使われている教科書は毎課なんらかの目標が設けられています。そのために必要な単語や文法を導入して、最後使えるように導かれています。このような目標と項目(単語や文法)、練習には教科書によって異なりますので、教科書を選ぶ際は分析する必要があります。

 2 各課の学習項目や活動がどのように配列されているか。
 教科書は順序よく進めていけば理解しやすいように構成されています。そこにはちょっとしたアクティビティ(活動)がちりばめられていますが、それらが実際の授業で実現可能等はあらかじめ分析しておく必要があります。

 3 課の構成の背景にはどのような学習理論があるか。
 把握しておいて損はないので、これも間違いないと思われます。

 4 その課を使って実際にどのような授業を展開するか。
 実際のどのように授業を展開するかは教科書の内容を分析した後に考えることですので、教科書の「構造分析」とは関係がないと思われます。また、授業の展開は教科書によって決まるものではなく、教師によって決められるものです。

 したがって答えは4です。







平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説