平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

問1 コミュニカティブ・アプローチの背景となる考え方

 コンプリヘンション・アプローチ/聴解優先アプローチ (Comprehension Approach)とは、幼児の母語習得過程をモデルにし、とにかく聴解を中心とする教授法の総称。ビデオの教材や聴解練習だけに絞り、聴解能力が十分確立するまで発音練習や発話練習は行わない。そうすることで目標言語で発言することへの心理的圧迫を避ける。

 1 学習の初期段階では理解優先とし、目標言語で発言することへの心理的圧迫を避ける。
 コンプリヘンション・アプローチの記述です。

 2 目標言語の音声や文法を習慣づけることで、母語の干渉をなくすことができる。
 オーディオ・リンガル・メソッド(Audio-Lingal Method)です。目標言語の音声や文法構造をミムメム練習やパターンプラクティスを用いて学習し、それらを無意識に自動的に反射的に使えるようになることを目標とする教授法です。また、もともと兵士の語学訓練のために用いられたため、アーミー・メソッド(Army Method)などとも呼ばれます。
 無意識に自動的に反射的に使えるようになることで、母語の干渉をなくすことができるようになります。

 3 言語学習は単なる習慣形成ではなく、学習者自らが帰納的に文法規則を見付けるものである。
 認知学習理論(Cognitive Code Learning Theory)です。機会的なオーディオリンガル教授法への批判として提唱された教授理論です。言語学習は単なる習慣形成ではなく、異なる例文の対比を通して、学習者が自ら帰納的に文法規則を見つけていくように促します。

 4 会話の中で意味交渉が生じることによって、言語習得が促進される。
 インターアクション仮説の記述。ロング (Long)が提唱した第二言語習得に関する仮説。他者との言語を使ったやり取り(インターアクション)をお互いに行い意味交渉することで言語習得が促進されるとする。ここでいう意味交渉は、明確化要求、確認チェック、理解チェックの3種類に分けられる。

 したがって答えは4です。

 

問2 コミュニカティブ・アプローチに必要な条件

 コミュニカティブ・アプローチは、現実のコミュニケーション場面に近い実践的な言語活動を行います。ディスカッション、ディベート、ロールプレイ、プロジェクトワークなどがこれに該当します。また、その際はインフォメーションギャップ、チョイス、フィードバックが備わっている必要があります。

 インフォメーション・ギャップとは、立場によって情報差があること。
 チョイスとは、発言する内容は話し手が選ぶこと。
 フィードバックとは、学習者の発話に対して何らかの反応を示すこと。正しければ褒め(肯定的フィードバック)、間違っていれば修正する(否定的フィードバック)2種類に分けられます。

 1 対話の相手から否定証拠が与えられること
 否定証拠とは、第二言語学習者に与えられるインプットのうち、誤った文法のこと。授業や母語話者などから受け取るインプットは通常肯定証拠が大半を占めるため、否定証拠はインプットとして通常起こらない。ただし、第二言語学習者にとっては、誤った文法は指摘されなければ誤ったものだと気づくことができないことが多いため、学習者に否定証拠を与えることはフィードバックとして捉えられることもある。
 相手の発話に表現の誤りがあることは、コミュニカティブ・アプローチの実践的な言語活動において必須であるとは言えません。

 2 発話者に情報の選択権があること
 チョイス(選択権)のことです。コミュニカティブ・アプローチの実践的な言語活動において必要な条件です。

 3 対話者間に情報の格差があること
 インフォメーション・ギャップ(情報の格差)のことです。コミュニカティブ・アプローチの実践的な言語活動において必要な条件です。

 4 対話者間のやり取りに真正性があること
 真正性とは、テストに使われている素材や場面などが、学習者の現実の言語使用状況をどれだけ反映しているかの度合いのこと。例えば、ロールプレイでレストランでの注文などの場面を採用した場合、実際の言語活動に近くなるので真正性が高いと言える。ディスカッション、ディベート、ロールプレイ、プロジェクトワークなどには必要な条件。

 したがって答えは1です。

 

問3 タスク中心の教授法

 コミュニカティブ・アプローチはタスク中心の教授法です。
 タスク中心の教授法 (TBLT)/タスク中心言語教育とは、1990年代以降に提唱された、オーディオ・リンガル・メソッドとコミュニカティブ・アプローチのお互いの長所を組み合わせ、欠点を補い合った教授法。FonFに基づく。現実的な場面を想定したタスクの中で実際に使われる言葉を使うことによって自然なコミュニケーション能力を身につけさせるもの。

 1 日本語のレシピを見ながら、カレーライスを協力して作る。
 カレーライスを完成させるのがタスクです。

 2 就職活動で必要になるエントリーシートや履歴書を作成する。
 エントリーシートや履歴書を作成することがタスクです。

 3 住んでいる町を紹介するパンフレットを分担して作る。
 パンフレットを完成させることがタスクです。

 4 買い物場面の対話文を作ってパターン・プラクティスをする。
 パターン・プラクティス (pattern practice)とは、特定の文型を瞬間的かつ正確に扱える力を身に付けるため、文型の一部に指示した言葉を入れる練習のこと。代入練習、変形練習、応答練習、拡張練習などがある。

 したがって答えは4です。

 

問4 コミュニケーション・ストラテジー

 コミュニケーション・ストラテジーとは、自分の言語能力が不足しているときのコミュニケーションを達成するために学習者が用いるストラテジーのこと。回避、言い換え、意識的転移、助言要請(援助要請)、物まね(ジェスチャー)、時間稼ぎの6つに分けられる。

種類 説明
回避 語彙力や文法力が原因で表現できない際に他の話題を選んだり、中断すること。
言い換え 知らない語を、それに似た別の語で表現したり、新しく語を作ったりして説明すること。
意識的転移 母語や他の言語に依存して説明すること。
助言要請 辞書を使ったり、分からない言葉をネイティブに質問して教えてもらうこと。
物まね 身振り手振りなどの非言語手段で伝えること。
時間稼ぎ ポーズを挟んで考える時間を稼ぐこと。

 言語学習ストラテジー(学習ストラテジー)とは、学習する際に用いるストラテジーのことで、記憶、認知、補償、メタ認知、情意、社会的の6つに分類される。目標言語に直接かかわる記憶ストラテジー、認知ストラテジー、補償ストラテジーの3つを直接ストラテジー、言語学習を間接的に支えるメタ認知ストラテジー、情意ストラテジー、社会的ストラテジーの3つを間接ストラテジーと呼ぶ。

分類 種類 説明
直接 記憶 記憶するために用いられるストラテジーのこと。知識と知識の知的連鎖を作ったり、語呂合わせなどで音やイメージを結びつけたり、繰り返し復習したり、単語カードを使ったりなどが挙げられる。
認知 理解を深めるために用いられるストラテジーのこと。メモしたり、線引きしたりなどが挙げられる。
補償 足りない知識を補うために用いるストラテジーのこと。分からない言葉を文脈から推測したりするなどが挙げられる。
間接 メタ認知 言語学習を間接的に支える間接ストラテジーのうち、学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジーのこと。学習のスケジューリングをしたり、目標を決めたりすることなどが挙げられる。
情意 学習者が自らの感情や態度や動機をコントロールするために用いるストラテジーのこと。自分を勇気づけたり、音楽を聴いてリラックスしたりすることなどが挙げられる。
社会的 学習に他者が関わるストラテジーのこと。質問をしたり、他の人と協力することなどが挙げられる。

 1 回避
 2 言い換え
 3 意識的転移
 4 情意ストラテジー

 4だけがコミュニケ―ション・ストラテジーではなく、言語学習ストラテジーです。
 したがって答えは4です。

 

問5 内容言語統合型学習 (CLIL:Content and Language Integrated Learning)

 内容言語統合型学習 (CLIL:Content and Language Integrated Learning)とは、非母語で科目を学ぶことで、科目内容・語学力・思考力・協同学習という四つの要素をバランスよく育成する教育法。Content(科目)、Communication(言語スキル)、Cognition(思考力)、CommunityないしCulture(共同学習、異文化理解) の「4つのC」によって授業を組み立てる。

 選択肢2の内容・言語・思考・教学が4つのCにあたります。
 したがって答えは2です。

 





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説